HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画「赤毛のアン」 2017年5月6日 (土) 全国ロードショー!!

赤毛のアン2017年  

【映画「赤毛のアン」】
【2017年5月6日(土)全国ロードショー!】


50・アンダイアナ・2


【作品解説】
ルーシー・M・モンゴメリーが1908に発表した「」赤毛のアン」が母国カナダで新たに実写映画化。プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラ兄妹の家「グリン・ゲイブルス」に、赤毛の少女アンがやって来た。手違いからやって来たアンに最初は戸惑っていた兄妹だったが、次第にアンの楽しいおしゃべりに引き込まれていくようになる。主人公アン役にオーディションで選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタインが演じています。


■映画『赤毛のアン』公式サイト■

 そう「赤毛のアン」が母国カナダで新たに実写映画化され、日本でも2017年5月6日(土)に全国ロードショーです!

 アン・シャーリーを演じているのは、オーディションによって選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタインという娘ですw

 なんというか顔つきや雰囲気に独特なものがありますが、アン・シャーリーっぽいかな?(人それぞれだろうけどw)

 それと原作者モンゴメリーの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮として参加しているので、原作重視なんでしょうか?

 正直自分としては、1985年版の「赤毛のアン」が印象的…。



1985年赤毛のアン

赤毛のアン 特別版 [DVD]

 「赤毛のアン」1985年カナダ/アメリカのドラマテレビ映画。ミーガン・フォローズがアン・シャーリーを演じて、とても雰囲気にあっていた気がしました。

 といってもこの映画もう32年前なんだ~当時17歳のミーガン・フォローズも今は49歳か…(^ー^;




 ちなみにこちらは、2009年公開の日本映画「アンを探して」です(「赤毛のアン」をモチーフにした映画です)

 主役の杏里を「とんねるず」の石橋貴明さんの娘 穂のかさんが演じていましたね。

 カナダ人もそうだけど、日本人もホントに「赤毛のアン」が好きだよな~(^ー^;







スポンサーサイト

| 世界名作劇場の情報 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1668-eb8566e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT