HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セーラ・クルーの誕生日

世界名作劇場11作目は「小公女セーラ」です。
主人公はセーラ・クルーという少女。

そのセーラの誕生日は
3月17日といわれています。


いや公式設定ではないんですが(^_^;
その辺りは自分のサイトとリンクしている「小公女セーラ」の
専門サイト「セーラ博物館」にて検証していますね。
こういう検証を見るというのはやはり面白いです。
自分もこういう検証やっていきたいですね。

ちなみに原作「小公女」は有名なので簡単に手に入ります。
↓変わったところでは講談社の青い鳥文庫などでは今風の絵で
表紙が描かれています。

51Ldcq6CmaL__SS500_.jpg 


「リトルプリンセス-小公女」
バーネット(著)・ 藤田 香 (イラスト)・ 曾野 綾子 (翻訳)
講談社青い鳥文庫・285ページ(17x 11x 2cm)


青い鳥文庫シリーズでは他の世界名作劇場
原作もこういう絵で描かれています。
「フランダースの犬」「若草物語」「赤毛のアン」など。
イケメンのネロがいいです(ある意味原作通りですねw)
他の児童文学も出ていますのでAmazonで表紙見るだけでも
楽しいといえます。


Amazon見ていたらありました。
「小公女セイラ」のコミカライズ本。

51MgHQ-aYKL__SS500_.jpg 


小公女セイラ
出版社: 辰巳出版 (2009/11/30)

2巻が2010年3月12日発売なので続きがありそうです。
ドラマに比べれば話の構成などうまく作られているのでしょうか?
気になりますが買うか?と言われれば微妙ですがね(^_^;

スポンサーサイト



| 小公女セーラの関連記事 | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>検証とか感想とかもうまいような気がします。
そう言って頂けるとありがたいです。

>「小公女セーラ」の最終回はなぜああなったのか知りたいです。
賛否が分かれるラストではあります。
だから印象に残った気がしますね。

ではでは

| はぎ | 2010/03/20 21:39 | URL | ≫ EDIT

セーラママ、誕生日おめでとうございます!

はぎさんはあしながレビューとかを見ていても、検証とか感想とかもうまいような気がします。
「小公女セーラ」の最終回はなぜああなったのか知りたいです。
(あのラストだからこそ印象に残っていますが。)

| 広島県のT | 2010/03/20 20:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/173-20ee26f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT