HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (1)

【プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」】
出版年:2009年


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (2)  

 プロ野球の歴代監督のについての「采配力と人間力」について解説したムック本だが、2009年出版とかなり古いのが、アレだけどw

 冒頭に「野村克也の10の老獪戦術」「WBC監督原辰徳の采配」「虚像のホビー・マジック」などを詳細に考察。

 この手の監督を解説した本ではお馴染みの野村監督もそうだが
、WBCで日本を優勝に導いた原監督の手腕なども高く評価している。

 逆に「虚像のホビー・マジック」というように、2004年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任したボビー・バレンタイン監督についての評価は低い。

 なぜならバレンタイン監督はリーグ優勝がない(2005年はプレーオフ優勝でリーグ順位は2位)や日替わりオーダーを組むその采配は場当たり的だと指摘。

 まぁ、自分も千葉ロッテファンだけど、バレンタイン監督って、明るい性格やパフォーマンスのせいで過大評価され過ぎな感はあるな~

 対して
2003年に同じ外国人監督として、北海道日本ハムファイターズの監督に就任したトレイ・ヒルマン監督については高く評価している。

 それも当然で2007/08年と外国人監督初のリーグ連覇達成の偉業を達成し、そのヒルマンイズムは今に続く日本ハムファイターズの基礎を作ったんだからね。

ヒルマン監督はもっと評価されるべき!!


 …まぁ、それと引き換かわからないが、今の日ハムはビックリするくらいドライな球団になったけどね(^ー^:


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (3)

 ちなみに史上最低監督も考察しており、成績的には東北楽天イーグルス1年目(2005年)田尾安志監督になるけど…いくらなんでもこれは少々可哀想(本でもそう指摘されている)

となると史上最低の監督は上の写真に掲載されている、
石毛宏典氏ということになるw

 2002年オリックス・ブルーウェーブの監督に就任し、1年と少しで(2年目で解任されている)トータル57勝99敗4引 勝率.364。

 成績をみれば普通に石毛氏が史上最低監督になるか~色々な諸事情があったとはいえ、やっぱりね~(>_<;





スポンサーサイト

| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1762-a74d6fe8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT