HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第13話 「サリーの勇気ある挑戦」 レビュー

あしなが・13-1

第13話 「サリーの勇気ある挑戦

【物語】

 ジュディはハイスクールの2年生になりました。ある日クラスで自治会役員選びがありジュリアが推薦されそうになるのですが彼女はとっさにサリーを推薦しました。サリーは仕方なく引き受けジュディと共に選挙運動を始めます。サリーは無理矢理役員に推薦されたのですが、嫌な顔をせず取り組む姿を見てジュディは彼女を見直すのでした。選挙演説日サリーは観衆の前に立ちますが、緊張し倒れてしまいます。その代わりにジュディが今までのサリーの頑張りを語り皆から拍手を受けました。そしてサリーは自治会役員選挙で最下位当選するのでした。リンカーン記念女子学園では創立50周年を記念して小説のコンテストが行われ、入賞作品には25ドルもの賞金が出されると聞いたジュディは、さっそく自分もコンテストに応募する為、小説を書こうと決心したのです。

【感想】

あしなが・13-2自治会役員の選挙で皆の前でスピーチをするサリーでしたが・・・

 この回でジュディ達は2年生になり、ジュリアは大学へ行く目標を立て勉強をし
サリーは最初嫌がっていた選挙運動を積極的にするようになっていました。

 今回はサリーメインのお話になります。しかしジュリア自分が自治会役員に
推薦されそうになると、とっさにサリーを推薦し難を逃れるのがうまいです。

 ジュリアって勉強もできるんですが、こういうとっさの判断力もありますね。
大学進学をいち早く決断したのも彼女ですし、物語を引っ張る重要な人物なので
キャラが立っているよな。

 原作でのサリーは活動的な女性なのですが、アニメではジュディがお転婆な
キャラに なった為、気弱で大人しいキャラにされたのは可哀相といえます。

 そのサリーが活躍するのが今回のエピソードですが、地味ですw でもこれ
学校なんかでクラス委員長を選ぶ際、立候補がいないので無理矢理人に
薦められ嫌々やらされるパターンですよね。

 確かに身近なお話といえますが、サリー選ばれるのがなんとも・・・何より最後の
演説シーンでサリーは倒れてジュディが代わってスピーチするのはいくらなんでも
サリー可哀相です~

最後はサリーが立ち上がりスピーチの続きしてあげてもよかった気がします。
でないとそれまでのサリーの努力は?ジュディ いいとこもっていき過ぎ(^^

 でもそのジュディのスピーチの後、見ていた生徒達の中で最初に拍手をするのが
ジュリアなんですよね・・・ ジュディ、ジュリアにいいとこ持って行かれてしまうのが
サリーっぽいですがw



あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品







スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさん、こんばんは。

>ジュディが作ったサリーの看板が印象に残っています。
ジュディは文才のありますが画才もありますよね。

>ジュディが現代に生まれたらブログをやるだろうって
ジュディならやるかもしれません。
毎日更新するでしょうね(^^

ではでは

| はぎ | 2010/03/30 21:53 | URL | ≫ EDIT

この話は結構好きです。

ジュディが作ったサリーの看板が印象に残っています。
ジュディは絵も描けて文章もうまいとなれば、現代だったら「世界名作劇場」とかのブログを作れますね。
そういえば十傑作さんがあるサイトのコメントで、ジュディが現代に生まれたらブログをやるだろうってコメントされていたのを思い出しました。

| 広島県のT | 2010/03/30 20:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/184-48e44421

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT