HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オールカラー版 人体の描き方マスターブック

人体の描き方マスターブック (1)

【オールカラー版 人体の描き方マスターブック】
出版年:2013年 著者:金井裕也


人体の描き方マスターブック (2)

 250点以上の写真、600点以上の解剖図とイラストで解説した「人体の描き方」を解説した技法書。

 基本ポーズと動作ポーズを撮影し、その写真から描き起こした骨格と筋肉の解剖図を同時に掲載しているかなり専門的な本。






人体の描き方マスターブック (3)

人体の描き方マスターブック (4)

人体の描き方マスターブック (5)

人体の描き方マスターブック (6)

人体の描き方マスターブック (7)

 上の画像を見ればわかる通り、人体の写真がありその横に骨格と筋肉の図が掲載されているので構造的に人体が理解できます。

 人体を骨格や筋肉構造からみて、ポーズをとった時の骨格とそこに付随する筋肉の伸縮具合などを丁寧に解説。


人体の描き方マスターブック (8)

人体の描き方マスターブック (9)

人体の描き方マスターブック (10)

人体の描き方マスターブック (11)

人体の描き方マスターブック (12)
  

今まで見てきた画像を、見れば分かる通り

人体写真→骨格図→筋肉図→イラスト


 と構造的に分かりやすく掲載。これを見れば人体骨格にどういうふうに筋肉がつきどう伸縮するのか理解できます。

 ただその人体の写真が小さいのは難点。1ページに上下に4個もの図があったりするためでして…。

 しかしそれ意外ではポーズのパターンが豊富だったり骨格、筋肉の構造をきちんと理解しながら描けるのでとても便利です。

 「写真」「骨格」「筋肉」「「イラスト」と人体の骨格筋肉を描く技法書としては映像的に理解できて、非常に役に立つ本でしたね。













スポンサーサイト



| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。


>「レミゼ」でガヴローシュが撃たれたとき比較的早く回復し
当たりどころが生死を分けるんでしょうね~

>で、この本2回紹介されているような。
確かにそうでした!なので新しい方はそのうち削除しますw

それでは

| はぎ | 2019/04/15 22:39 | URL |

「レミゼ」でガヴローシュが撃たれたとき比較的早く回復していることから、
銃弾は骨には当たらずに体を貫通したものと思いましたが、
この本の体幹部の骨格図見るとガヴローシュが撃たれた左鎖骨の下あたりって、
肩甲骨もあるし骨に当たらかったなら随分狭い範囲を通り抜けたことになり、
無茶苦茶運がいいようにも。

で、この本2回紹介されているような。

| Heika | 2019/04/15 20:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1851-3482fa68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT