HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ

  服のシワ (1)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ
出版年:2011年

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (1)

 漫画やイラストを描く時に難易度が高いのが服であり、そこにできる「服のシワ」の表現でしょう。

 そんな「服のシワ」にフォーカスして、上手な描き方を解説するイラスト技法書がこの本。

 写真からデッサンを描きさらにそれをイラストに転化させるプロセスを、写真や作例イラストで追いかけて丁寧に解説しています。




写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (4)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (5)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (6)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (7)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (8)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (9)

 上の画像を見れば分かる通り「服のシワ」を写真から描きおこし,それをイラスト化させたプロセスを丁寧に解説。

 定番の女子高生のセーラー服や男子のブレザー、男性女性のスーツ、はてはウェイトレスやナースまで多様な服やそのシワのつき方の解説があります。
 


写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (2)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (3)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (10)

写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ (11)

 上の画像の通りカラーだけでなく白黒写真もあり、ズボンを履く時、コートを着た時などにできるシワのつき方を細かく解説しており懇切丁寧。

 さらに男女モデルを使いセーラー服、ブレザー、スーツなど多様な服装を用いて、走る歩く座るなどのポーズなどを掲載、「服のシワ」の描きかたの技法書としては使い道が多いです

 ただ写真は多いですが作例のイラストは肘や膝などのパーツ部分のみが多く、全身を描いた時のシワのつき方は解説されておらずその辺はやや残念。

 なので全身を描いた時できる「服のシワ」を勉強したいという方にはあまり向かない本かもしれません。

 しかしそれ以外は写真や作例イラストを用いた「服のシワ」の描き方の丁寧な解説があるので持っていて損はない一冊といえるでしょうね。















スポンサーサイト



| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1874-966ab8e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT