HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女の子のカラダの描き方 キャラ骨と肉感をつかんでセクシーな女の子を描く

女の子のカラダの描き方 (1)

女の子のカラダの描き方】
【キャラ骨と肉感をつかんでセクシーな女の子を描く】
出版年:2019年 著者:
林晃


【林晃】
 1961年東京生まれ、東京都立大学人文学部哲学専攻卒業後、本格的にマンガ家活動を始める。ビジネスジャンプ奨励賞、佳作受賞。実録マンガ「アジャ・コング物語」でプロデビューを果たした、1997年にマンガ・デザイン制作事務所Go office(ゴーオフィス)を設立。国内外250冊以上に及ぶ“マンガ技法書”を制作している。


 マンガやアニメのキャラクターは、デフォルメされた独自の骨格と筋肉で形作られています。

 本書ではマンガアニメ調の女の子独自の「骨」と「肉感」を徹底解剖し女の子のカラダは、どんな骨格で組み立てられているのかなどをどのようにすれば描けるのかを解説。

●「骨」を意識した作画
 マンガアニメの女の子の体を構成する「キャラ骨」の表現や柔らかい肉の部分と硬い骨の部分の描き方など。

●「肉」を意識した作画
 ハリのある胸やお尻などデフォルメして描くマンガアニメならではの「肉感」の表現手法を解説。

●動きのあるポーズの作画
 マンガアニメの女性キャラの骨と肉感をつかんで描くことで、難しいポーズも立体的に見せることができます。


女の子のカラダの描き方 (2)

女の子のカラダの描き方 (3)

女の子のカラダの描き方 (4)

女の子のカラダの描き方 (5)

女の子のカラダの描き方 (6)

女の子のカラダの描き方 (7)

女の子のカラダの描き方 (8)

 上の画像を見れば分かる通り作例イラストを使った、女性の裸体の描き方、ポーズの付け方などを解説。

 作例イラストも比較的アクがなく見やすいですし、女性の身体を構造的に解説しているので分かりやすいです。

 あとタイトルが「女の子のカラダの描き方」なので男性の描き方はないですし、女性も服を着た作例イラストはありません。


女の子のカラダの描き方 (9)

女の子のカラダの描き方 (10)

女の子のカラダの描き方 (11)

女の子のカラダの描き方 (12)

女の子のカラダの描き方 (13)

女の子のカラダの描き方 (14)

女の子のカラダの描き方 (15)

上の画像を見れば分かりますが女性の裸体だけではなく、顔や下着、走る、蹴るのようなアクションポーズも紹介。

 この本の解説をしている林/晃氏の技法書では定番のアオリや俯瞰なども、丁寧に説明していますので初心者の方にも使いやすいでしょう。

 全ページ白黒なので「塗り」の行程などは出てきません、なので色の付け方や塗などを知りたい人は
他の技法書で補うのがベストw

 解説をされている林/晃氏は今までも数多くの技法書を出版されていますので、安心して読める一冊ではあります。

 ただ反面、今までの林/晃氏の技法書「マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編」や「マンガの基礎デッサン セクシーキャラ編 (マンガの技法書)」とさほど変わり映えしないともいえますので、安く買えるこれらを購入する方がいいかなとも思えますね。














スポンサーサイト



| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1892-8880ea40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT