HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメ私塾流 最高の絵と人生の描き方 添削解説80点付き

最高の絵と人生の描き方 (1)

アニメ私塾流 最高の絵と人生の描き方
添削解説80点付き

出版年:2019年 著者:室井康雄(アニメ私塾)


最高の絵と人生の描き方 (2)  


室井 康雄(むろい やすお)
 1981年生まれ。中央大学を卒業後、スタジオジブリに入社しその後退社し「NARUTO」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破、Q」などの作品を経て、「電脳コイル」に複数回参加する。その後絵コンテ、演出も手がけ、現在は「アニメ私塾」を開設し塾生の指導にあたりつつ、YouTube、Twitter等でノウハウを公開している。


 「アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術」の著者が贈る、絵と人生の指南書。

 この本では絵がうまくなるために必要な練習方法や観察眼の鍛え方、モチベーションを維持する方法などをまとめています。

 その先の絵の仕事をするために必要な知識についても著者の経験をふまえて詳しく解説しているので将来プロになりたい人にも必見の本。

1章 描くことを好きになる
2章 「うまくなる」ってどういうこと
3章 なぜ模写が必要なのか
4章 さまざまな描き方と成長法
5章 プロとして絵を描く
6章 描き方を生き方に活かす




最高の絵と人生の描き方 (3)

最高の絵と人生の描き方 (4)

最高の絵と人生の描き方 (5)

最高の絵と人生の描き方 (6)

最高の絵と人生の描き方 (7)

 上の画像を見れば分かりますが、本の構成は左に添削したイラスト、右はその解説になっています。

 しかし添削がメインというよりは絵を描く時の心構えなどが書かれており、絵を描く方法を理屈で理解したい人向け。

 あと作例の添削イラストが小さく解説が読みにくくて、この辺はどうにかしてもらいたかったですね…


最高の絵と人生の描き方 (8)

最高の絵と人生の描き方 (9)

最高の絵と人生の描き方 (10)

最高の絵と人生の描き方 (11)

最高の絵と人生の描き方 (12)

最高の絵と人生の描き方 (13)


 上の画像のようなページが続く典型的な添削指導本ではありますが、添削よりはプロになるためのノウハウ本としての色合いが強い。

 というか添削重視なら前に紹介した同じアニメーター押山清高氏の「作画添削教室 神技作画シリーズ」の方が使い勝手はいいでしょう。

 この「アニメ私塾流 最高の絵と人生の描きを説いている本なのでプロになりたい人とかにはかなり役立つのでは?

 添削重視なら
「作画添削教室 神技作画シリーズ」、絵を描くことを理論的知りたい人は「アニメ私塾流 最高の絵と人生の描き方」という風な感じだと思いますね。

 少なくとも何を教えたいのかがきちんとある技法書なので、持っていて損はない一冊といえるでしょうね。












スポンサーサイト



| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1898-355cd8cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT