HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動きとシワがよくわかる 衣服の描き方図鑑 服の仕組みから角度別の描き方まで

衣服の描き方図鑑 (1)

動きとシワがよくわかる 衣服の描き方図鑑】
【服の仕組みから角度別の描き方まで

出版年:2020年


衣服の描き方図鑑 (2) 

 この本は「Twitter」で5万リツイートを獲得した大人気の描き方TIPSTIを書籍化したものです。

 「服のシワをどう描けばいいかわからない!」「キャラが動いたときどんな形になるかわからない!」「着こなしのルールがわからない! 」など服を描く悩みを解決。

 本書ではマンガやアニメによく登場する現代ファッションの描き方を徹底解説、カジュアルファッション、ビジネスウェアや学生服までさまざまな衣服の描き方を学ぶことができます。





衣服の描き方図鑑 (3)

衣服の描き方図鑑 (4)

衣服の描き方図鑑 (5)

衣服の描き方図鑑 (6)

衣服の描き方図鑑 (7)

衣服の描き方図鑑 (8)

 上の画像を見れば分かる通り全ページ白黒のみで、カラーページは一切ありませのでアニメ的な服のシワの付き方はよく分かりません。

 何より服のシワにつき方についてよくわかりますが、影の付き方は描かれていないのでその辺もマイナスです。


衣服の描き方図鑑 (9)

衣服の描き方図鑑 (10)

衣服の描き方図鑑 (11)

衣服の描き方図鑑 (12)

衣服の描き方図鑑 (13)

衣服の描き方図鑑 (14)

衣服の描き方図鑑 (15)

 上の画像を見れば分かりますがシワの描き方は詳しく載っていますが、陰につけ方が殆どないのが難点。

 やはり服を描く時に重要なのはやはり「シワと影」なので、これでは片手落ち感を感じざるを得ないです。

 服を描く時「シワと影」の両方を教えるのは、必須条件だと思うのですが…

 作例イラストは男性方が多く、女性の服(特にスカート)などが描きたい人にはやや不便。

 まぁ、基本になるようなワンピースやビジネスウェア、セーラー服などがあるので気にするほどではないですが…

 全体的に服そのものだけでなくデニムやジャージ、パンツ、ネクタイ、襟首、靴などを構造的に解説していてそこは分かりやすい。

 何より作例イラストが豊富なのでこれをそのまま模写して使えばかなり役に立つので、それ目当てなら十分役に立つ技法書でしょうね。
















スポンサーサイト



| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1902-b4a1f1c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT