HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第14話 「初めての小説が盗作?」の感想

あしなが・14-1

【物語紹介】
 ジュディは小説を書き上げメルノア先生に読んでもらいます。メルノア先生は小説を読んだ上でこういう書き方は盗作だと言いました。ジュディは一生懸命書き上げた作品を盗作だと言われたショックで、二度と小説は書かないと思うのでした。しかし勉強に一生懸命なジュリアや自治会役員の仕事に一生懸命なサリーの姿を見ていると、自分も何かをしなくてはと思い、再びペンを取る事にしました。ジュディは自分の経験を生かして孤児を主人公とした小説を書き上げました。できあがった小説を読んだサリー、ジュリアは小説の内容に感動して涙しメルノア先生も素晴らしいと誉めてくれました。そしてジュディの小説は入賞こそ逃しましたが佳作として選ばれ、ジュディには万年筆が送られたのでした。


あしなが・14-2ジュディの小説の中で描かれたジョングリア孤児院…で脱走してロープで縛り付けられたジルーシャですが…。



【感想】
 ジュディは自分の書いた小説をメルノア先生に「有名小説のいいとこ取りで盗作」といわれてしまいショックを受けます。

 なのでジュディは自分のジョングリア孤児院での体験を基にした小説を書き上げますが…その内容が微妙…

 作品でジルージャは孤児院を脱走して罰としてリペット院長に木に縛り付けられてしまいますが、最初に出てきた実際のジョングリア孤児院 との落差があり過ぎます。

 あのリペット院長はそこまでする人だったのか?もちろん孤児院がいい所ではないだろうしリペット院長、厳しい面もあったでしょうが、この小説読むとジュディの中でジョングリア孤児院が忌むべき所になってしまっている感じ。

 それに自分の体験を基にしているとはいえ、このような辛い孤児院時代を小説という形で脚色し、ラブロマンスにしてしまうというのはどうも…

 孤児院から救い出してくれるのも、ジュディが嫌いなはずのお金持ち(ジャーヴィスだし)…もう少し違う形でジョングリア孤児院を小説にして貰いたかったです。






スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>押井守監督がいいものはどんどんコピーされるのはしょうがないと
模倣されるのはある程度仕方ないでしょうね。

>やはりいいものを参考にすることが大事だと言っていました。
最初は模倣からすべてが始まりますからね。
自分もプロの絵を模写しますし(^-^

>ジュディが何を読んだかすぐわかったんですねぇ。
ジェーンエア、嵐が丘、などですね。
当時の時代背景が分かります。

ではでは

| はぎ | 2010/04/06 21:28 | URL | ≫ EDIT

盗作ぽっくても、才能あるジュディがうらやましい。

ジュディは無意識に盗作のようになってしまったようですが、
押井守監督がいいものはどんどんコピーされるのはしょうがないと言っていました。
ただ、やはりいいものを参考にすることが大事だと言っていました。
まあ、パクリは駄目ですが、なにごとも真似から始まるとはいいますね。
しかし、メルノア先生さすがです。
ジュディが何を読んだかすぐわかったんですねぇ。
ここら辺が脚本家の方も手を抜いていませんね。

| 広島県のT | 2010/04/06 21:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/191-7e426cd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT