HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あしながおじさん新潮文庫

1291667978.jpg

【あしながおじさん新潮文庫】

新潮文庫松本恵子訳 1954年

九月二十四日 
ファーゲッセン寮ニ一五室にて

孤児を大学へ送り給えるご親切な評議員さま
私はこちらへ参りました!昨日汽車で四時間も旅をしました。
とても胸のわくわくするような気持ちでございました。
だって私は今まで一度も汽車に乗ったことが
なかったんでございますもの!
大学って、とても大きくて、とてもまごつくところでございます。
-私は部屋を出るたびに迷い子になってしまいます。
もっと気が落ちついてから学校の様子をお知らせ
するつもりでございます。

ジル-シャ(ジュディ)・アボット
サリー・マクブライド
ジュリア・ペンデルトン


○現在最も手に入りやすい新潮文庫本
「あしながおじさん」「続あしながおじさん」ですね。

読むと分かりますが少々硬い感じを受ける文体です。
末尾が「ございます」なので礼儀正しくおとなしい感じて、
ジュディが快活が伝わりにくい気もします。
大学生と考えるといいのでしょうがアニメジュディを
イメージすると雰囲気が違います。

「あしながおじさん」は218Pと薄い本で読みやすいですし
ワンコインで買える値段もお買い得(^^

これを読めば次は「続あしながおじさん」ですね。
より「あしなが」の世界が理解できます。

自分はこの新潮文庫から入りましたがどの訳者でも面白さは同じw
本屋さんに置いてあったらまず「あしながおじさん」を
買うのをお勧めします






 

スポンサーサイト



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/203-aba3d7df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT