HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「Daddy-Long-legs」って何だ?

04_20100418154058.jpg 

「Daddy-Long-legs」って何だ?

 「あしながおじさん」の原題は「Daddy-Long-legs」といいますが、そもそもこの「Daddy-Long-legs」とは何なのでしょうか?




「あしながおじさん」本編より…

机の上に便箋を出しっぱなしで出かけたんです。そして今ここへ来て見ると、便箋のまん中に何が鎮座していたとお思いになりまして?正真正銘のあしながおじさん(かがんぼ)なのですよ!

新潮文庫松本恵子訳


 小説「あしながおじさん」でジュディが夏休みロックウィロー農園で書いた手紙にでてくる「あしながおじさん」こと「ががんぼ」の記述。


 要は下にある絵のような生き物というか虫が「ががんぼ」(ウェブスターの描いた絵) です。



11_20100418153925.jpg 


 そうこの「あしながおじさん」の原題の「Daddy-Long-legsを辞書で調べると

【米】ザトウムシ (harvestman)
【英】〔昆虫〕蚊とんぼ(crane fly)
【俗称】 足の長い人、足長おじさん

 そう「Daddy-Long-legs」とは足の長い虫の事で、そして俗称が「あしながおじさん(足の長い人)」なのです。


↓アメリカでは「ザトウムシ」(和名メクラグモ)
04_20100418154058.jpg


↓イギリスでは「蚊とんぼ」

01_20100418153943.jpg 



 「あしながおじさん」というタイトルが定着したのは、1933年の岩波文庫の遠藤寿子(えんどうひさこ)さんがつけて現在に至ります。

 それ以前は1919年の東健而(あずまけんじ)さんのつけた「蚊とんぼスミス」(ジョン・スミスはあしながおじさんの偽名)という直訳タイトルでした。

 「蚊とんぼ」に「あしながおじさん」という愛称があるのは英語圏の人間には理解できますが日本人には馴染みがありません。


 その為、遠藤寿子さんは「Daddy-Long-leg」の直訳ではなく、 俗称の「あしながおじさん」を訳題にしました。 

 確かにこの方が分かりやすくインパクトもあり作品の内容そのものを表現しています「あしながおじさん」というタイトルは抜群のネーミングといえますw

 それとこの作品「続あしながおじさん」という続編がありますが、原題は「Dear Enemy」で訳すと「愛しの敵様」という感じ。

 しかしこの作品ジュディの親友サリーは出てきますが「あしながおじさん」は出て来ませんので「続あしながおじさん」というのは冷静に考えれば おかしなタイトルといえるかもしれません( ´∀` )






スポンサーサイト



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/213-ac92ce76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT