HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第23話 「それぞれのクリスマス」 レビュー

あしなが・23-1

第23話 「それぞれのクリスマス

【物語】

 クリスマスの日にサリーの家でパーティーが開かれる事になりジュディとジュリアが招待される事になりました。ジュリアは実家で社交界のパーティーに出る事になっていたのですがジミーも参加する事になっていたので参加したかったのです。ジュディとサリーはジミーに送るクリスマスプレゼントを毛糸を買って手編みの手袋と帽子を作る事にしました。ジュリアは店で出来合いの品を探し、たくさん買ってきます。しかしジュディとサリーは編み物をし回りの子達から冷やかされていた姿を見たジュリアも出来合いの品ではなく手編みのマフラーを作ろうと決心します。店で一番高い毛糸と一番高級な編み物の本を買って1人でこっそりとマフラーを 編み始めますが、編み物などした事のないジュリアにはなかなか上手くできません。そしてジュリアはジュディに教えてもらいながら皆で編み物を続けるのでした。そしてクリスマス当日、とうとうジュディの手袋とジュリアのマフラーは完成しました。ところがその時ジュリアのお母さんがファーゲッセン寮に迎えに来て社交界のパーティーに出るように言われジュリアは泣きながら車に乗り込むのでした。サリーの家のクリスマスパーティーでジュディは手袋を、サリーは編みかけの帽子をジュリアからとマフラーをジミーにプレゼントするのでした。ジュリアは初めての社交界は楽しくないと思うのでした。

【感想】
あしなが・23-2サリーの兄ジミーの為に手編みのマフラーを編むジュリア・・・今までと別人ですね。

 この回からジュリアの変化が見られます、今まで観ていた人ならその豹変ぶり
に驚くでしょう、 ジュリアってこんなに可愛い子だったっかと(^-^;
 
 隠れて手編みのセーターを編み、顔を赤らめる彼女は可愛らしいの一言!
高飛車な態度をしてた女の子が、一転可愛らしくなる状態を゛ツンデレ”といい
ますが、世界名作劇場の女の子でこういうツンデレキャラは初めてでは?
(・・・いや「ポリアンナ」のバレーおばさんとかいたけどw)

 今回はジュリアの回であると同時に彼女のキャラクター性が完全にでき
上がった瞬間ですし、この後は実質彼女が物語の軸で話が進みます。

 高飛車で身勝手なお嬢様ジュリアが、優しい人を思いやる令嬢に変身する。
私のあしながおじさん」は彼女の物語とも言えるかも知れません。主役ジュディ
は簡単に成長すると困るんで、同じ所をぐるぐる回ってしまう感じなので・・・。

 結局ジュリアはお母さんが迎えに来て、社交界のパーティーに連れて行かれます。
社交界こそすべてみたいなジュリアが初めて社交界が楽しくないと感じた時です。

 社交界の中身のなさを理解したジュリアの前に同じく無理矢理招待されていた
ジャーヴィスが出てきて

「上流社会は家柄や地位を守る為に、
          自由を売らなければならない」

 彼からようやく重みのある言葉を聞けた気がしますが、しかしこれがジュリアを語る
上で重要なセリフになっていたりします。



あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品






スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

> ジュディは編み物上手なんですねぇ。
編み物は孤児院でしていたんでしょうね。
料理の腕前は分からないです(^^

ではでは

| はぎ | 2010/05/16 17:35 | URL | ≫ EDIT

そういえば「愛の若草物語」のメグを思い出します。

社交界にあこがれを持つ、メグのシーンを思い出します。
ジュディは編み物上手なんですねぇ。
料理はどうなんだろう?

| 広島県のT | 2010/05/16 08:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/236-11de466a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT