HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第29話 「思い出がいっぱい」 レビュー

あしなが・29-1

第29話 「思い出がいっぱい


【物語】

 ジュディは1人でロックウィロー農園へ向かおうとリンカーン記念女子学園を出た時、偶然にもジョングリア孤児院時代の仲間のサディに出会いました。サディはアトランタの紡績工場で働く事になったのです。ジュディはサディをパーラーに誘うとジョングリア孤児院の事を尋ねました。エステルは年だからと言って孤児院で働くのをやめ、エミリーはカリフォルニアのお金持ちに引き取られ、リペット院長はもうすぐ田舎に帰ってしまうとの事。今ではジョングリア孤児院にジュディの知っている顔は殆どいないと言います。みんなそれぞれの道を歩きだしたのをジュディは感じます。そしてジュディとサディはお互い頑張ろうと励まし2人は別れるのです。ジュディは嘆く事より今何ができるかを考えるべきだという事に気づきそしてもう一度新しい旅立ちを決意するのでした。

【感想】
あしなが・29-2最初の方でジュディが上げた赤い靴を持っていたサディ・・・彼女の優しさが分かる回でした。

 今回Aパートはジュディが今までを振り返る回想シーンで作られており急遽
作られた回である事は間違いないですね。そしてBパートもその穴埋めに作られ
たものであり、その為に再登場したのがサディといえるでしょう。

 今まで見ていた人の殆どが彼女の再登場に驚いたはず。でもその急遽作られた
この第29話は「私のあしながおじさん」の中でも印象深い回になりました。

 二人は序盤のハイスクールに行けるかどうかで明暗がくっきり分かれました。
運命が変わったのがジュディなら、運命が変わらなかったのがサディです。
その二人が出会うことでお互いの成長が見えた瞬間です。

 喫茶店で話した後、プレゼントを渡そうとするジュディですがサディに
「私そんなに可哀想に見える?」といわれます。

 物語始め孤児院の仲間達にプレゼントしようとしてサディの怒りを買った時と、
同じ事を繰り返してしまいます。しかしサディの対応は前回と正反対でした。

「そのお金はあなたの学業に使うべきよ」

と優しくジュディを諭す姿は、彼女の成長が良く分かるシーンだと思います。

 華やかな学園生活をすごしてきたジュディと、多分ジョングリア孤児院で子供たち
の世話やお金持ちの相手ばかりをしてきたと思われるサディ。
ジュディが嫌で嫌で仕方のなかった事をずっとしていたのです。

 ハイスクールに通っていたジュディより、孤児院に残っていたサディの方が人間的に
成長するとは皮肉ともいえます。今までジュディに影響与えたのは年上の人物だった
ですけど、自分と同世代のサディの方が成長してると普通焦りますよね。

 内容の良さから物語のターニングポイントになりえる回ですが、しかし急遽作られた
エピソードなので後の回に影響しないのが残念。ある意味「私のあしながおじさん」の
中で最も世界名作劇場らしいお話といえます。

そして次回から微妙な方向に「私のあしながおじさん」の話が進みます。


あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品






スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

広島県のTさんこんばんは。

>人間的にサディの方が成長したというのは今回読んでその通りだなと思いました。
サディは苦労したと思うんで成長したでしょうね。

>サディがもっと魅力的に見えてきました。
自分もサディは好きですね(^-^

ではでは

| はぎ | 2010/06/22 21:53 | URL | ≫ EDIT

サディ!君は顔で損をしてるのかも?

サディのシーンは好きです。
喫茶店でクリームソーダを頼むのも好きです。
子供の頃クリームソーダが大好きでしたから。
ところで、人間的にサディの方が成長したというのは今回読んでその通りだなと思いました。
人間つまづいて丸くなることもありますが、サディもいろりろあったんでしょうねぇ。
そう考えてみれば、サディがもっと魅力的に見えてきました。

| 広島県のT | 2010/06/22 20:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/294-9bdb55ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT