HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

足ながおじさん 1955年制作

2_20100629145818.jpg 

【足ながおじさん 1955年制作】

監督 ジーン・ネグレスコ

フレッド・アステア
(ジャービス・ペンドルトン3世 )
レスリー・キャロン( ジュリー・アンドレ)
テリー・ムーア(リンダ・ペンドルトン)

音楽 アルフレッド・ニューマン
作詞作曲 ジョニー・マーサー
主題歌"Something's Gotta Give"
編曲 エドワード・B・パウエル
撮影 レオン・シャムロイ
製作 サミュエル・G・エンゲル
配給 20世紀フォックス


【ストーリー紹介】

 ニューヨークの大富豪ペンドルトン3世(フレッド・アステア)
がフランス旅行をしている時、ジャンヌ・ダルク孤児院で電話を
借りようとするとジュリーに出会います。

 18歳のジュリー(レスリー・キャロン)は孤児であったが今は
先生の立場で孤児たちに勉強の面倒をみているのでした。
ペンデルトンはジュリーを一目見て気に入ったのでした。

ジュリーをアメリカの大学に入れペンドルトンは後見人になった。

ジュリーはアメリカマサチューセッツのウォルストン大学に
入学し毎月「足ながおじさん」に手紙を書いて送った。

ペンドルトンは秘書に言われ手紙を読み進んでいくうちに
ペンドルトンはジュリーのクラスメイトのリンダの伯父として
大学を訪れ、ジュリーに会ったのでした。

そしてジュリーの大学卒業式の日、ペンドルトンの秘書の
プリチャードが来て「足ながおじさん」にジュリーを会わせる
ためにニューヨークへ行きました。

ペンドルトン3世、彼が「足ながおじさん」だったのだ。
ペンドルトンがジュリーに結婚を申し込み二人は踊る。
 




【感想】


 ニューヨークの大富豪ペンドルトンがフランス旅行をしている時、
ジャンヌ・ダルク孤児院で18歳のジュリーと出会い彼女を気に入り
アメリカのウォルストン大学へ行かせます。

と原作、アニメ以上にかなり強引な設定で、冒頭で知人が

「18歳の少女をアメリカに留学させるなんて下心みえみえで反対だ!」

とか言ってましたがその通りですよね(^^

何よりジュリーではなくペンドルトンが主役なんで彼中心に
物語が進みます。
最大の問題はペンドルトンが主役というのが根本的に間違っている
のではと思います。

↓ジャービス・ペンドルトン3世(フレッド・アステア)
ペンドルトン

↓ジュリー・アンドレ(レスリー・キャロン)
ジュリー

ペンドルトンは孤児ジュリーのどこを気に入ったのか不明だし
どう見ても下心ありすぎの行為。
 その為か知らないけど2年以上もジュリーの手紙、返事を読まない
書かなかったという設定も、それはそれで薄情。
ジュリーに下心はないといういい訳作りですね。

それで秘書や親友に「2年も返事を書かないなんて酷すぎる」
と言われ仕方無しに読むんですが、読んだら今度は後見人の
立場を忘れ途端に会いに行くというのも・・・

最終的にジュリーの心を掴むんだけど、素直に楽しめるかとなると難しい。
ペンドルトンのフレッド・アステアも当時56歳ですからおじさんが
女子大生たぶらかしてる様にみえてしまうよなw

ペンドルトン主役という「あしながおじさん」に 無理を感じました。
まぁ「あしながおじさん」という作品自体、寓話的な作品で
これを映像にすると難しいのわかりますがもう少し作り方は
なかったのかな?

 あとウォルストン大学でリンダ・ペンドルトン、
サリー・マクブライドと同室になり2人はでてきます。

↓サリー・マクブライト
サリー

↓リンダ・ペンドルトン
ジュリア

 サリーの兄ジミーもでますが、重要な役回りがあります。

ペンドルトンは原作通りジュリーはジミーが好きだと思い込みます。
しかしリンダからジミーと結婚しようと思っていると聞かされ、
ジュリーとジミーが付き合っている訳ではないとペンドルトン
は理解します。

 この作品ではリンダとジミーの結婚というアニメに近い展開がある
だけでなくペンドルトンの誤解を解くという理由に使われました。

↓ジミー・マクブライド。
ジミー

 「私のあしながおじさん」のプロデューサーの松土隆二さんも
この作品観ていたので、 アニメでも物語の進め方次第では
ジュリアとジミーの婚約話が ジャーヴィスの誤解を解くという
展開があり得たかもしれません。

「足ながおじさん」は1955年の古いミュージカル映画です。
フレッド・アステアの華麗なタップダンスやレスリー・キャロンの
可憐なバレエ等、古典な ミュージカル映画としてみれば
楽しめる作品と思います。




 

スポンサーサイト



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 15:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

広島県のTさんこんばんは。

>このあしながおじさんは下心がありそうな感じです。(笑)
この作品のあしながおじさんは下心あるかもです(^^

ではでは

| はぎ | 2010/07/04 19:12 | URL | ≫ EDIT

このあしながおじさんは?

このあしながおじさんは下心がありそうな感じです。(笑)

| 広島県のT | 2010/07/04 08:47 | URL | ≫ EDIT

No title

十傑作さんこんばんは。

>ジミーのキャラはアニメに受け継がれている感じがしますね。
ジミーはアニメと同じ感じ(^^

>足ながおじさんは叩けば叩くほど埃が出てくるような…。
まぁこればかりはなんとも・・・(苦笑

ではでは

| はぎ | 2010/06/30 22:16 | URL | ≫ EDIT

No title

ジミーのキャラはアニメに受け継がれている感じがしますね。

しかし、足ながおじさんは叩けば叩くほど埃が出てくるような…。

| 十傑作 | 2010/06/30 09:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/305-2dde8527

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT