HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マーク・トウェイン自伝、一世紀の封印解かれ

マーク・トウェイン自伝、一世紀の封印解かれ今秋刊行

「トム・ソーヤーの冒険」などで知られる米国を代表する
作家マーク・トウェイン(1835~1910)が生前に残していた
自伝が今年11月から刊行。


 マーク・トウェインといえば世界名作劇場でもおなじみ
「トムソーヤの冒険」の原作者ですね。

マーク・トウェインは死の4年前にあたる1906年から
自分の生涯を記録する作業を始めたようです。

没後100年後の今年2010年に公開され出版されます。
何故、没後100年なのかはよく分からないようですね。

「公開が100年後なら、友人の悪口を書いても気がとがめないから」

なんて意見もあるようです。
でも「赤毛のアン」の作者ルーシー・M・モンゴメリは色々な手記を
残していますが、親族や友人の悪口の載っている手紙などもあり
公開できないなんて話もありますから、あり得るかもしれませんw

しかし自伝が死後100年後公開され話題になるとは
マーク・トウェインは偉大な作家としかいえませんね。

自伝は3部構成で、11月に出版される上巻の価格は34.95ドル(約3200円)



マーク・トウェイン関連著書



http://www.asahi.com/culture/update/0525/TKY201005250371.html


マーク・トウェイン自伝、一世紀の封印解かれ今秋刊行

 【ロサンゼルス=堀内隆】
「トム・ソーヤーの冒険」などで知られる米国を代表する作家、
マーク・トウェイン(1835~1910)が生前に残していた
自伝が今年11月から刊行されることになった。

出版元の米カリフォルニア大出版会が発表した。
「少なくとも死後100年は世に出さぬよう」という本人の遺志を守り、
5千ページにわたる手稿が同大バークリー校で大事に保管されてきた。

 出版会によると、トウェインは死の4年前にあたる1906年から、
自分の生涯を記録する作業を始めた。
死後100年間の公開を拒んだ理由に定説はなく、英インディペンデント紙
(電子版)によると、研究者の間には「宗教や政治についての考えを自由
に語るため」「公開が100年後なら、友人の悪口を書いても気がとがめないから」
などの説があるという。

 もっとも、手稿が一度も日の目を見なかったわけではなく、自伝を
部分的に引用したトウェイン伝もいくつか出版されている。
だが「これまで世に出たのは全体の半分以下。
しかも本人が望んだような形ではない」と出版会は言う。インディペンデント紙
によると、トウェインは妻の死後に親密になり、後に破局した女性との
「晩年の恋」についても400ページの補遺を残しており、世界中の
あらゆる世代に親しまれる作家の別の一面が自伝を通じてうかがえるかもしれない。

 自伝は3部構成で、11月に出版される上巻の価格は34.95ドル(約3200円)。
スポンサーサイト

| トム・ソーヤーの冒険の関連記事 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/306-4cb3cda0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT