HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルイザ―若草物語を生きたひと

41Mjq1ppDDL__SS500_.jpg 


ルイザ―若草物語を生きたひと


ノーマ ジョンストン(著) 谷口 由美子(翻訳)
340ページ 東洋書林 (2007/3)



「若草物語」で有名な作者ルイザ・メイ・オルコットの研究本も
比較的簡単に入手できます。

ルイーザ・メイ・オルコットLouisa May Alcott,
1832年11月29日 - 1888年3月6日
アメリカの小説家1868年『若草物語』(Little Women)

 「若草物語」1868年は今から142年前の作品なんですよね。
 そんなルイザも「第四若草物語」1886年の時は長年の多忙な作家生活に
加え相次ぐ母、末妹の死、その遺児ルルを引き取っての養育、老父の世話などで
疲労困憊状態でした。

 その為ルイザ本人もこの「第四若草物語」は良い出来栄えでないことを
語っています。

 最後には南北戦争中の労働時に発症した水銀中毒の後遺症で倒れ
ルイザ・メイ・オルコットは1888年3月6日、死の床に伏していた父を
見舞った2日後にボストンで逝去、享年57歳。

 57歳の若さなのが惜しまれますが、その作品は今まで読み続けられたように
これからも後世の人たちに読みつがれるのは間違いなくやはり偉大な作家と
いうしかありませんね。


スポンサーサイト



| 愛の若草物語の関連記事 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: ルイザ―若草物語を生きたひと

広島県のTさんこんばんは。

>こっちの本を先に読んだほうがよさそうですね。
アマゾンプライスでならかなり安く買えますからね。

>オールコットの日記にいくのがよさそうです。
色々な本を買えば多面的にオルコットが理解できますね。

>ルイザはスリラー本も書いているので、そこから探偵となったのでしょうね。
さすがに有名なので色々な形で本が出ているんですね(笑

ではでは

| はぎ | 2010/08/08 21:09 | URL | ≫ EDIT

Re: ルイザ―若草物語を生きたひと

いや、はぎさんこの本すごいですよ。
ルイザ・メイ(ルーシー・メイみたいで好きです。)のことを最初に知りたいなら、
こっちの本を先に読んだほうがよさそうですね。
この本を読んで興味を持ったら、オールコットの日記にいくのがよさそうです。
(「世界名作劇場」ではルイザのことはオルコットと紹介されていますね。)
これはとても参考になり、勉強になりそうです。
ご紹介ありがとうございました。
なるほど、ルイザはスリラー本も書いているので、そこから探偵となったのでしょうね。

| 広島県のT | 2010/08/08 20:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/345-ecc0b7c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT