HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第39話 「過去からの卒業」 レビュー

あしなが・39-1

第39話 「過去からの卒業


【物語】

 卒業まであと1週間に迫りジュディは3週間ほど前にマスター女子大学の文学部から合格の通知を受け奨学金を受けて大学に進学する事が決まったのでした。その後ジュディは卒業式に答辞を読む事になりました。卒業式当日、ジュディはあしながおじさんを待っているとそこへジュリアの両親がやってきてジャーヴィスが出張から帰って以来、体を壊してしまい肺炎で入院していると言うのです。ジュディは卒業式を前にして走り出すとタクシーを捕まえようとしますがその時サリーとメルノア先生が駆けつけ卒業式へ引き戻されます。ジュディは最優秀卒業生として答辞を読む為、壇上に上がり読み上げその時、言わなければならないと思っていた事を壇上で語り始めたのです。スピーチが終わった時、会場は拍手で包まれました。サリーもメルノア先生もスローンさんもみんな泣いています。ところがその時グリグスさんが慌てて駆けつけ、あしながおじさんが倒れたからすぐに来てほしいと言うので慌てて車に飛び乗りました。

【感想】
あしなが・39-2最優秀卒業生として卒業式の壇上に上がり、答辞を読むジュディですが、そこで彼女は・・・

 「私のあしながおじさん」の実質の最終回といって言いですね。
自分が孤児である事を隠し続けてきたという事実に今回ようやく決着が付きます。

 というより本作はこれを描いていたはずなんですが・・・とにかく物語的には
答辞に至るまでの過程までは慌しい回でもあります。

 まずジャーヴィスが肺炎で入院しているのを知り、卒業式を放り出して彼の元
に駆けつけようとします。サリーとメルノア先生が止めるんですが、止めなければ
卒業式をすっぽかしたのかな?その後「あしながおじさん」に相談してみようとし
ますが顔も知らないのにどうやって?

 とにかくジュディは最優秀卒業生として答辞を読む為、壇上に上がりました。
でも一体いつジュディは自分が孤児である事を、告白しようとしたのかな?

 冷静に見ると最後の答辞で自分が孤児である事告白する心理的変化が描き
きれていないんですよね。


あしなが・39-3

 まぁ、それら色々な不具合がありました・・が・しかしジュディの答辞があまり
にも素晴らしいのでそんな事どうでもよくなりましたが(^-^;;

長文ではありますが、掲載する価値があるのでここに書きます。

「私の生まれたこのアメリカ合州国はリンカーン大統領の理想に基づいて自由と
平等と博愛をうたっています。でも本当に自由でしょうか?本当に平等でしょうか?
本当の博愛なんてあるのでしょうか?私は小さな時からずっとそんな疑問を持ち
続けていました。それは私の生い立ちがあまりにも不幸だったからです。でもある
方が私のそんな疑問に答えて下さいました。この会場のどこかにいらっしゃる私の
後見人のおじさまです。おじさまと言っても、実はまったく血のつながりのない見ず
知らずの方なのです。それなのにおじさまは無償の善意、ただそれだけで3年間、
私を援助して下さったのです。おじさまはある施設の運営委員の1人でした。
その施設とは・・・その施設とは「孤児院」です。そうです、私はジョングリア孤児院
からこのリンカーン記念女子学園に入学したのです。私はニューヨークの下町に
捨てられていたそうです。両親はおろか身寄りとなる人は誰も知らずに育ったのです。
そんな私がこうして立派に卒業を迎えられたのは、いつも親身になって私を援助して
下さったおじさまの善意があったからです。その暖かい善意が偏見や中傷から私を
救い上げ育てて下さったのです。そして今、私ははっきりと知りました。おじさまが
与えて下さったのは学費や生活費だったのではなく1人の人間として生きていく為の
勇気だったのです。私はやっと自分のいじけた思い込みから開放され自分の生い
立ちをお話しする事ができました。あしながおじさま、聞いていらっしゃいますよね。
これが私にできる精一杯の感謝のしるしです。本当に ありがとうございました。
ただもっと早く気付くべきでした。自分が孤児である事を隠し続けたばかりに私は一番
大切な友人を失いました。もっと、もっと早く決心するべきだったと後悔しています。
こんな私をこれまで暖かく包んで下さった先生方ジュリア、サリー、 ジミー、
ボブスローンさんハーディーさん、そしてたくさんの友人たち。私はこの学園に学んで
始めて自由と平等と博愛がこの国に存在する事を知りました。私を支えて下さった
みなさん、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとう」 


その後グリグスさんが駆けつけ「あしながおじさん」が倒れたからすぐに来てほしいと
言われ、慌てて車に飛び乗ります。「ジャーヴィス」と「あしながおじさん」が同時に
病気という展開になります。当たり前ですが、ジュディにとって二人は別人ですので
ジャーヴィスは放っておいて、ジュディは「あしながおじさん」の元へ向かいます。

 この回、答辞以外はとにかく無理やりお話が進むんですよね。というより初めに
答辞がありそれにあわせて物語が作られている感じ。

まぁ、答辞が素晴らしいので、細かい事は気にならない回でしたね(^^


あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品





スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 第39話「過去からの卒業」レビュー

広島県のTさんこんばんは。

>恋愛パートがいいかどうかは別にして、全体的にがんばっている作品だと思います。
確かに恋愛パートは何とか上手く描けているい気がします(笑

>って、まだあと1話ありましたね。(笑)
あと残り1話ですね。

ではでは

| はぎ | 2010/09/01 01:19 | URL | ≫ EDIT

Re: 第39話「過去からの卒業」レビュー

ジュディの物語はこのためにあったって話ですね。
ところで「私のあしながおじさん」を観たくなったのは、OPは素敵だったからです。
以前は恋愛ものの「世界名作劇場」は観たくないって思ってました。
まあ、恋愛パートがいいかどうかは別にして、全体的にがんばっている作品だと思います。
って、まだあと1話ありましたね。(笑)

| 広島県のT | 2010/08/31 22:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/378-8d007c3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT