HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私のあしながおじさん作品全体感想

6_20101121095002.jpg

 「私のあしながおじさん」は世界名作劇場1990年制作16作品目で、 時代背景1920年代のアメリカの高校を舞台にした学園物語で 視聴率的には平均16.2%とシリーズでは9番目でした。

 物語は孤児のジュディがジョングリア孤児院で生活しているところから始まり、「あしながおじさん」の援助を受けてリンカーン記念女子学園に通いその学園生活が描かれます。

 基本的にジュディの華やかな学園生活を描きながらもう一方で、自分が孤児である事を隠し続けなければならない葛藤、そして劣等感が同時に描かれる展開。

 ジュディは学園生活を送りながら親友サリーとその兄ジミー、ライバル的なジュリアと伯父のジャービスなど様々な人たちと知り合い成長していきます。

 そして物語後半4クールはジュディが好きなジャービスとジミー、そしてそのジミーが好きなジュリアなどそれぞれの思いが交錯する形でお話が進む展開…。

 最後第39話でジュディは偽りの自分を捨てる意味で、卒業式の答辞で自分が孤児である事を告白します。 

今までの物語のすべてが、この答辞に集約されているといっても過言ではありません。

 そして最終回にジュディは「あしながおじさん」が、ジャービスだと知りそして2人は結ばれるのです。

 アニメの特徴としてジュディは孤児である事を隠し、劣等感を感じている面が原作に比べ強調されているところでしょう。

 その結果ジュディは孤児に対する慈善行為などを極度に嫌っていました。孤児院時代にお金持ちの優越感を持っての施しを、卑屈になって受けなければいけなかった過去の思い出があるからです。

「孤児はお金持ちの虚栄心を
  満足させる為の家畜っていうの!!」

 彼女のセリフはこの物語の核ともいえ、ジュディの憤りは見ている視聴者にも慈善とは何か?と考えさせるセリフでした。

 しかしジュディのその考え方も様々な人たちの出会いで解消されていきます… 自分を金持ちの虚栄心を満足させる為の家畜と思う事こそ、劣等感の最たるものですから。

 それに孤児である事に劣等感を感じ隠し続けるのは、友人や先生などを騙し続けているのと同じ…。 

 ジュディはそれに気がつき克服したからこそ自らの出自を明らかにしましたし、無償の慈善というのを信じられるようになったと思います。

ジュディの劣等感の克服を最後まで描ききった、この作品は素晴らしいといえるでしょう。

 それと慈善だけでなくジュディは援助された今の生活は、自分のものではないと考え奨学金でなんとか自立していこうとしていく姿も描かれています。

 その行動力に「あしながおじさん」=ジャービスの意識まで変えてしまうのは、ジュディの成長があってこそだと思いましたね。



スポンサーサイト



| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/419-b5b21d89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT