HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジレビュー 25話 26話 27話

25話 「白パン」

【物語】
 ある日ロッテンマイヤーさんはクララのお父さんのゼーゼマンさんが旅から帰ってくると知り、お迎えの準備でお屋敷中を点検していました。その時ロッテンマイヤーさんはハイジがペーターのおばあさんの為に、ため込んだ古い白パンを見つけ捨ててしまいます。ハイジはベッドにもぐって泣き続けクララは一生懸命を慰めました。クララはハイジに物語を語って聞かせ、ようやくハイジは元気を取り戻すのでした。

【感想】

ハイジ・25-ハイジが貯めた、白パンが山になって保管されていました。
 そういえば勉強中にハイジはアルムの山を思い出して、いつの間にか机に立って
いました。ロッテンマイヤーさんにはハイジが何の夢見てるのか分かりませんから
ハイジの行動はすべて常軌を異しているように見えるでしょう。

 ハイジがおかしいと感じても不思議ではないですね。その後ハイジは白パンを捨て
られ、それをクララがなだめハイジは少し元気になります。

 しかし元気になってもフランクフルトにいなければならないのは変わらないので、
結果的に症状が悪くなるの繰り返しですが・・・


26話 「ゼーゼマンさんのお帰り」

【物語】
 お父さんのゼーゼマンさんが長い旅から帰ってきました。ハイジは井戸まで冷たい水を求めて出かけてしまいます。そんな事とは知らない屋敷ではハイジがいなくなったと大騒ぎ。そこへハイジが帰ってきて冷たい水をゼーゼマンさんに差し出したのです。ゼーゼマンさんはそんなハイジを気に入ります。ゼーゼマンさんは10日で再び旅立つ事になりおばあさんがもうすぐやって来ると告げるのでした。

【感想】
snapshot20110613152722.jpg-ゼーゼマンさんは、扉を全開にしていつも登場します(^^
 クララに甘~い、お父さんゼーゼマンさんが初登場します。ハイジはゼーゼマンさん
に遠くの井戸まで冷たい水を汲みに行き結果的に

・・・ゼーゼマンさんに気に入られてしまいます・・・

 いやゼーゼマンさんは優しいいい人とは思いますが、ハイジにとっては最悪で・・・
ハイジは山へ帰りたいのが本音。

 ロッテンマイヤーさんはハイジは追い出したいのですが、ハイジにとってはそれが
幸運、クララやゼーゼマンさんに気に入られるのはハイジにとって不幸。

 ハイジにとっては困った人物はロッテンマイヤーさんではなく、クララとゼーゼマン
さんだったりします(^-^


27話 「おばあさま」


【物語】
 クララのおばあさまがゼーゼマン家にやって来てハイジやクララは大喜びです。おばあさまはハイジとクララに手品、コップの楽器での演奏会を 開いてみせます。ハイジはおばあさまが好きになってしまうのでした。その夜おばあさまがハイジの部屋 にやって来ました。おばあさまはハイジにお土産として絵本を持ってきてお話を聞いているうちにハイジはいつしか眠ってしまうのでした。

【感想】
snapshot20110613152909.jpg-熊の着ぐるみを着た、茶目っ気たっぷりのクララのおばあさん。
 クララのお茶目なおばあさまが今回初登場wおばあさまは手品やコップの楽器での
演奏会を開いたりしてハイジやクララを楽しませます。

ハイジの心休まる瞬間ですね(^^

 おばあさんのおおらかさが伝わりますが、ロッテンマイヤーさん はいい顔はせず、、
案の定ロッテンマイヤーさんと、おばあさんの仲は悪く今後も波乱がありそうです。



 

スポンサーサイト



| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 05:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タクロウさんこんばんは。

>ハイジがアルファベットを覚えるようになったが、
アルプスの山に帰ってきたハイジはいきいきしていましたね!

ではでは

| はぎ | 2013/10/04 21:13 | URL | ≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ 25話

ハイジはペーターやペーターの母とおばあさん、ヨーゼフやユキちゃん他と一緒に白パンを食べる夢を見たのが印象に残ります。山へ帰りたくなって夢ばかり見てたのです。家庭教師の先生と一緒に勉強し、ハイジがアルファベットを覚えるようになったが、字が山羊に似てると言ってしまい、フランクフルトからアルムへ飛び立ち、大騒ぎになってロッテンマイヤーさんがびっくりしたんだな。

| タクロウ | 2013/10/04 21:02 | URL | ≫ EDIT

Re: アルプスの少女ハイジレビュー 25話 26話 

limさんこんばんは。

>複雑な人間関係が描かれるのが高畑演出の醍醐味。
優しい人がハイジにとって良い人にはならなかったり
複雑な人間関係描いていますよね。

>現在は話数が少ないので仕方がありませんね。
1年に渡って描けるというのは幸せですよね。

>ゼーゼマン家の人たちは忙しさを言訳に子育てから逃避してますよね(笑)
ゼーゼマンさんは娘可愛さから行動に疑問符つくところありますね(笑

ではでは

| はぎ | 2011/06/09 20:35 | URL | ≫ EDIT

Re: アルプスの少女ハイジレビュー 25話 26話 

こんばんは。こんな感じで複雑な人間関係が描かれるのが高畑演出の醍醐味。ハリウッド式のインパクトを描ける人は増えましたが、回を重ねるごとに厚みを増す世界観を描ける人はかえって減ってしまった感があります。現在は話数が少ないので仕方がありませんね。大人になってから見返すとゼーゼマン家の人たちは忙しさを言訳に子育てから逃避してますよね(笑)。おばあさまもクララにかまってやれないくらい忙しいから何らかの事業を展開していそうです。会社?政治?ボランティア?
ハイジが来なかったらクララはどうなっていたのやら。

| lim | 2011/06/09 20:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/671-69ddf310

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT