HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランダースの犬 スタッフキャスト紹介

フランダースの犬OP 

【フランダースの犬 スタッフキャスト紹介】

作品名 フランダースの犬
原作名 Aog of Flanders(1871年)
原作者 ウィーダ(本名:ルイズ・ド・ラ・ラメー)
イギリス人(1839年~1908年)
訳書名 フランダースの犬
舞台 ベルギー
物語の期間 1870年から約1年3ヶ月間
主人公 ネロ・ダース(8~9歳)
製作   日本アニメーション/フジテレビ
放送期間 1975年1月5日~12月28日 全52話
DVD バンダイビジュアル 全13巻

【スタッフ】
監督(演出) 黒田昌郎/脚本 中西隆三 加瀬高之 佐藤恒久 雪室俊一
音楽 渡辺岳夫/キャラクターデザイン 森康二

【キャスト】
ネロ・ダース(喜多道枝) ジェハン・ダース(及川広夫)ジョルジュ(駒村クリ子)
アロア・コゼツ (麻上洋子)コゼツ(大木民夫)ハンス(村松康雄)

【あらすじ】
 ベルギーのフランダース地方の小さな村。ネロ少年は、牛乳運びの仕事をする祖父ジェハンを手伝いながら、貧しいながらも幸せに暮らしていた。彼のささやかな夢は、絵を描くことと、いつかルーベンスの絵を見ること。ある日、ネロは主人に酷使され捨てられた犬、パトラッシュを介抱し、共に暮らすようになる。村一番の地主コゼツの一人娘のアロアもネロの良き理解者だ。だが、貧しさと絵を描く夢が、いつしかコゼツや村人との溝を広げてしまう。ジェハン亡き後、誤解がもとで仕事を失い、最後の望みを託した絵のコンクールも落選。家を出たネロとパトラッシュだが、大聖堂の雪明りの下、遂にルーベンスの絵を見、満足の笑みを浮かべ目を閉じるのだった。(日本コロムビア発売「名作アニメ主題歌大全集」より)



 


スポンサーサイト



| フランダースの犬の関連記事 | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/693-df648d83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT