HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 19話 20話 21話

19話 「金物屋が村に」

【物語】
 今日はおじいさんが金物屋にパトラッシュのお金を払う日だったのです。おじいさんは待ち合わせ場所の飲み屋に行きましたが金物屋とは一足違いで行き違いになってしまいました。その為、金物屋はネロの家に入り隠れていたパトラッシュをむりやり連れ去ってしまうのでした。ヌレットおばさんから聞きネロはパトラッシュを探しにアントワープへ走りだします。事情を聞いたおじいさんは悪い予感が当たったと思うのでした。

【感想】
フランダース19-金物屋がネロのいない隙にパトラッシュを取り戻しにきます。こうなるとこの金物や本当の悪党ですね。
 金物屋がまたでてきましたが、そうなんですよ、パトラッシュはまだネロのものではなく所有権
は金物屋が握っているんですよね。

 原作では金物屋はパトラッシュを捨てた後ケンカして死んでしまいますので、さほど重要な
人物ではないです。しかしアニメでは重要な人物になっているので執拗にでてきます。


20話 「どこまでも」

【物語】
 朝になってもネロはなかなかパトラッシュを 見つけることはできませんでした。その頃パトラッシュは 鞭で打たれてすっかり怯えていましたがしだいにネロの匂いが強くなって来るのを感じていました。パトラッシュはとうとう紐を引きちぎって金物屋のもとから逃げ出したのです。そしてネロはパトラッシュをみつけ抱き合って再会を喜びました。

【感想】
フランダース20-パトラッシュは多分初めて金物屋に逆らいネロの元へ行く行動をします。金物屋が何故パトラッシュを諦めたのかは謎ですが・・・
 ネロと一緒にジョルジュとポールもパトラッシュを探します。その頃パトラッシュは金物屋に鞭で
打たれていましたがネロが近づいているのを感じ紐を引きちぎり逃げだします。
 
・・・しかし金物屋はこれっきり出てきません。

 何故諦めたのか?しつこくたかってきそうな性格なのに?パトラッシュはネロを慕っていたので
「自分の意思」で逃げるという行為をしましたね。

 しかし作劇的には金物屋がパトラッシュを諦める描写がないので不自然な展開になっている
気がします。


第21話 「船で来たお客さま」

【物語】
 その日、コゼツ旦那の妹ソフィアとその娘アニーがイギリスからやって来てコゼツの家を訪れました。コゼツ旦那はアロアをイギリスの学校にやりそこで教育を受けさせようとします。ネロもアロアと別れるのは嫌でしたが、ネロにはアロアにイギリスに行くなとは言えません。アロアがイギリスに旅立って行く日ネロはパトラッシュの絵を贈りたかったのです。 しかしイギリス行きはアロアが猛反対したのでとりあえず今回のところは中止になったのです。

【感想】
フラン・21-アニーはネロの絵を見ても、さほど感心しませんでしたね。
 アロアはソフィアに満足に挨拶もできなかったですね。小さいというのを考えても確かに礼儀
がなっていないです。

お母さんのせい?お父さんのせい?

 ネロもイギリスに行くアロアを見送る気にはなれなかったですが、結局アロアから行かなかった
と聞かされます。確かに寂しいのは分かりますが、アロアに面と向かって「さよなうなら」もいえ
ないネロって・・・



 

スポンサーサイト



| フランダースの犬の関連記事 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/703-d8ea8aa6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT