HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ 感想

ハイジ2   

【「アルプスの少女ハイジ」 感想】

 原作「アルプスの少女ハイジ」は簡単に安値で入手する事が可能です。
アニメほど原作は有名ではない気はしますが非常に面白いです。

 原作「アルプスの少女ハイジ」は1880年の130年ほど前にスイスの
女性作家ヨハンナ・シュピリによって書かれた本です。

 アニメも原作も基本的な物語やエピソードは同じです。しかし原作に色濃くあるのが
キリスト教であり、そこで描かれるのが「神と人間」でそれが一つのテーマになっています。

 原作のハイジは孤児で親戚をたらい回しにされ、アルムおじいさんの所に連れてこられた
頃は人の愛を知らずに育った少女でした。
 そんな見捨てられたようなハイジが人との関係、神との関係を通して成長し周りの人を
変えていくというのがテーマです。

 ハイジはフランクフルトでクララのおばあさんにキリスト教の教えを受け洗礼を受けます。
その後ハイジはキリスト教の教えを通して成長し、キリスト教の教えでアルムおじいさんの
頑なな心を解きほぐします。

 キリスト教を通しての少女の成長物語といえるのが原作の「アルプスの少女ハイジ」と
いえるでしょうし、原作者が一番言いたかった事ではありますね。

この辺りを考えながら原作「アルプスの少女ハイジ」を読むことをお勧めします。



スポンサーサイト



| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タクロウさんこんばんは。

>クララが自分で歩いたのが忘れられないな。
これがアニメ史にも残る名シーンですよね(^^

ではでは

| はぎ | 2013/10/29 17:17 | URL | ≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ 原作感想

アルプスの少女ハイジのアニメは全52話放送した。印象に残ったシーンはクララがアルムに来た場面だ。ハイジやペーターが一緒にクララの手伝いをしたのが面白かった。車いすを壊してしまい、クララが自分で歩いたのが忘れられないな。

| タクロウ | 2013/10/28 20:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/736-76bb2ad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT