HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母をたずねて三千里 アニメと原作

クオレDVD 


 「母をたずねて三千里」は「クオーレ」という本の「アルペンニーノ山脈からアンデス山脈まで」
原作部分になります。この部分は78ページしかなく、それを1年の番組にするにあたって
大きく話を膨らませています。

 アニメだけのキャラとしてペッピーノの家族、インディオの少年パブロ兄妹
イタリアのジェノバの人達などがそうです。

 マルコがジェノバを出発した後、嵐に遭遇しフェデリコじいさんに出会いアルゼンチンに
上陸してからお金を取られてしまうところは同じです。

 そこでマルコはお母さんが勤めていたメキーネスさんを探しますが、メキーネスさんは
コルドバに行ったと聞かされ、ボーカでイタリア人のつてを頼ってロザリオまで船で向かいます。

 原作にはペッピーノ一座は登場しないのでバイアブランカへの旅はないです。
アニメではメレッリさんはお母さんのお金を借金返済の為に使い込んでしまいますが、
原作ではメレッリさんは既に亡くなっています。

 ロザリオで屋敷の執事に追い返されたり、イタリアの星で仲間からコルドバまでの汽車賃を
カンパしてもらい、コルドバに着いてもメキーネスさんはおらずトゥクマンに行ってしまった
ところはアニメ原作も同じです。

 アニメではここからパブロが登場しますが、原作にはいないのでコルドバからいきなり
牛車隊に乗せられてトゥクマンを目指します。
アニメでは牛車隊のメンバーに親切にしてもらいますが、原作ではマルコはいじめられて
殴られ、病気になってしまいます。

 途中からマルコ一人で歩いて旅するところは原作もアニメも同じです。
それからのトゥクマンまでのマルコの旅はアニメと原作はほとんど同じです。

 アニメ「母をたずねて三千里」は原作を上手く膨らませていると思います。
特にペッピーノ一座を始めとする個性的な脇役や、物語を盛り上げる為のサブストーリーを
追加して原作を超える作品にしたのは素晴らしいと思いますね。


スポンサーサイト



| 母をたずねて三千里の関連記事 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/801-e43bde33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT