HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あらいぐまラスカルレビュー 37話 38話 39話

37話 「朝の乳しぼり」

【物語】
 この頃アメリカでスペイン風邪が流行しスターリングもかかってしまいましたが病状はそれほどひどくありませんでした。お父さんが経営するノースダコタやモンタナの牧場が台風で全滅し2000頭以上の牛が死んでしまったのです。その為、お父さんはしばらく家を開けなければならなくなり、その間スターリングは隣町に住んでいる叔父のフレッドのところに行くように言われたのです。スターリングはフレッド叔父さんの家に行き一家に温かく迎えられました。 

【感想】
ラスカル37-スターリングのお父さんの弟、スターリングからすると叔父さんです。お父さんとは正反対な豪快な人でした。本当に兄弟?と思うほどです(^^
 スターリングのお父さんが経営する牧場がうまくいかないですが、なにかようやくお父さんが
何の仕事が分かった感じです。今まで何をして収入を得ていたのか分からなかったので(^^

 それよりフレッド叔父さん豪快な人で、お父さんのお金を回して牧場を経営するのはダメだとか
理にかなった事いいます。スターリングのお父さんがフレッド叔父さんならまた別の物語になった
でしょうね。


38話 「素敵なおもいで」

【物語】
 スターリングはフレッド叔父さんの家に来てから牛乳絞りや豚の餌作りをします。そしてブレールスフォードのスペイン風邪もおさまり、学校も始まりました。学校が始まって1週間経過した時、お父さんがやって来てしばらくモンタナで暮す事になりそうなので、家にセオドラに来てもらう事にしたのです。学校を休むと勉強が遅れてしまうので、スターリングは我が家に戻る事にしました。 

【感想】
ラスカル・38-お父さんとフレッドおじさんですが、まるで正反対の兄弟でしたね。
 スターリングはフレッド叔父さんのもとで家畜の世話をして逞しくなります。これを見るとます
ますスレッド叔父さんがスターリングのお父さんならだったらスターリングの人生は180度
変わっていたと思うな(^^

 スターリングとフレッド叔父さんの子供達との交流は2話しかないですから詳しく描かれる
時間がなかった感じですが、もう一度スターリングがここへ来る時その辺りが描かれます。
それと荒馬のテディとかこの時の伏線をこの次できちんと使い切りますね。


39話 「忘れられた誕生日」

【物語】
 今日はスターリングの誕生日で12歳になりました。家にはミルウォーキーからセオドラが帰ってきていました。その後、帰って来たお父さんはスターリングの誕生日に懐中時計をプレゼントしました。その懐中時計はノース家の長男が代々受け継いできたもので、しかも紐は、今は亡きお母さんの髪を編んだものだったのです。スターリングはベッドに入ると懐中時計を握り締めるのでした。

【感想】
ラスカル39-部屋の居間に横たわるカヌーの骨組み・・・セオドラも唖然としますね。部屋の居間でこんなの作ってたら普通怒られるよな(^^
 今回セオドラお姉さん再登場しますが、サーマンさんの車と衝突しケンカを始めます。
この長女セオドラや次女ジェシカもそうですが勝気な姉達としかいえません。

 それとセオドラは車の運転が荒っぽい、というか普通に追突事故起こしていますし・・物語的
にはアクセントのようになりセオドラ姉さんの再登場は嬉しいですがね(^^

 その後セオドラは居間のカヌーを見てスターリングを叱ります。自分も前から思っていましたが、
よく居間であんなでかいカヌー作っていたよな。あんなの家にあったら普通セオドラみたいに外
でやれという事になるのが当たり前。

 こう考えるとお父さんは本当に放任主義としかいえません、この辺りは原作のお父さんも放任
主義的な人だったのでそうなったとしかいえないのですけども。ラスカルだのスカンクだのが
飼えるのはお父さんの放任主義のおかげといえますね。





スポンサーサイト



| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんんは。

>富野由悠季氏がひっくり返したのかは、本人のみぞ知る
この辺はどう関連性があるのか?本人も忘れているでしょうねw

| はぎ | 2018/09/11 23:45 | URL |

スターリング版「オヤジにもぶたれたことないのに!」はここですね。
相手が姉だから、まだ甘えも大目に見てもらえるのでしょうけどね。
富野由悠季氏がひっくり返したのかは、本人のみぞ知るというところでしょうか。

| Heika | 2018/09/11 19:20 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>今考えれば怒られて当然のような?(笑)
結果は物置で作っていましたね(^^

ではでは

| はぎ | 2011/09/26 20:21 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんばんは。

>「オヤジにもぶたれたことないのに!」を地でいっているような…。
まさにそうですね、でもそれでも良い子に育つんですよね(^-^

ではでは

| はぎ | 2011/09/26 20:19 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>2回目で1回目の伏線がきっちり使われるのはいいですね。
伏線きっちり回収しましたね。

>「ラスカル」は、車の傷のことでセオドラを弁護したスターリング
セオドラがいると良いアクセントになります(^-^

ではでは

| はぎ | 2011/09/26 20:18 | URL | ≫ EDIT

確かに。

確かに最後は物置で作っていたことを思うと、今考えれば怒られて当然のような?(笑)

| 広島県のT | 2011/09/26 19:59 | URL | ≫ EDIT

>放任主義
スターリングは「オヤジにもぶたれたことないのに!」を地でいっているような…。

| 十傑作 | 2011/09/26 07:51 | URL | ≫ EDIT

フレッドおじさんの家での話が2回あって、2回目で1回目の伏線がきっちり使われるのはいいですね。
「ラスカル」は、車の傷のことでセオドラを弁護したスターリングが、今度は絨毯の傷のことでセオドラに叱られるなど、いろんな小さなドラマが面白いです。

| Heika | 2011/09/26 06:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/834-ee4b58f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT