HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あらいぐまラスカルレビュー 49話 50話

49話 「雪の家」

【物語】
 事業の再建の為にお父さんはビームストンの農場へ行く事になりました。スターリングは一緒に行きたいといいますがお父さんはミルウォーキーのセオドラの所に行くよう命じます。その後スターリングはかまくらの中でオスカーとアリスにミルウォーキー行きを告げました。そしていつかきっとまた逢おうとかまくらの中で3人で手を取り合って約束するのでした。スターリングはかまくらの中で交わした神聖な約束は決して破るまいと思うのでした。

【感想】
ラスカル49-「もう、お前の顔は見たくない!!」と誰もが思うスラミー。小学生時代クラスに一人はいた我侭で自己中心的な人物の象徴として描かれていましたね。
 誰しもスラミーのようなタイプの男子、小学生時代にいた記憶があると思います。我侭で、自己
中心的、そして思いやりとかなく力に訴える子・・・それでいてこの手の男子は嫌っていた人多い
から、余計スラミーに好感は持てませんよね。

ただ「あらいぐまラスカル」ではその「我侭な子供」を彼に押し付けすぎて少し可哀想。結局スラミー
にはフォローのようなものがなかったので余計にそう思います。

 何より我侭で自己中心的なら、スターリングやアリスも相当なものでしたし・・・(^-^;

 ただスラミーがいたからこそこの作品は退屈せず見れたのも事実で、そう考えれば「あらいぐま
ラスカル」において彼は裏主人公といえるかもしれませんね。

 その後かまくらでした3人の神聖な約束もありましたが、雨が降りかまくらは解けて無残な姿を晒す
・・・象徴的な約束をした場所がはかなく消えてしまう。消え行く子供時代のようなものがこの回でも
描かれていましたね。


50話 「カヌーの進水式」

【物語】
 スターリングはあと1ヵ月でブレールスフォードとの別れなのでそれまでにカヌーを完成させようと急ピッチで建造を進めました。あと1ヵ月もすればスターリングはラスカルと別れなければなりません。カヌーはとうとう完成し、3月半ばのある晴れた日にサンダース川でカヌーの進水式が行われる事になりました。カヌーを川に浮かべ、まずスターリングが試乗し、そしてアリスとオスカーが順に乗ります。そしてこのカヌーは半月後には君の物だとスターリングはオスカーに言うのでした。

【感想】
ラスカル50-スターリングは完成したカヌーにオスカーやアリスを乗せて川を巡ります。
 スターリングはお父さんにラスカルをミルウォーキーに連れて行けないかと言い出します。
さすがのスターリングもいざラスカルとの別れが近づくと受け入れられない感じかな?

 もしお父さんが連れてって行ってもいいといったらどうするのか気になりますが・・・

 そして半年かかって作ったカヌーが完成!サンダース川でカヌーの進水式を行います。
無論カヌーはミルウォーキーに持っていけないのでオスカーにあげると言います。

スターリングはカヌーをあげるの少し勿体無いとは思ったようですが、彼にとってカヌーを自分
の手で完成させることで十分満足しているのでしょう。カヌーよりもラスカルとの別れがいよいよ
スターリングにのしかかりますね。






スポンサーサイト



| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「心の中は本当は優しい人だと思っていた」と言わせて
確かにそのシーンはありましたね。

>白鳥の雛を捕まえてくれたことくらいしか思い当たらず、
そうなんですよね、スラミーが良いことしたのこれくらいしかないですよね(^-^

ではでは

| はぎ | 2011/10/03 08:15 | URL | ≫ EDIT

スラミーのフォロー

スラミーにフォローと言えば、この回でアリスに「心の中は本当は優しい人だと思っていた」と言わせて、スラミーを引き下がらせてることくらいですかね。アリスの説の根拠としては、前に白鳥の雛を捕まえてくれたことくらいしか思い当たらず、根拠薄弱のような気がしますけど。

| Heika | 2011/10/03 07:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/842-f6400e15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT