HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペリーヌ物語レビュー 43話 44話 45話

43話 「日曜日。ペリーヌは…」

【物語】
 ペリーヌ、ロザリー、ファブリさんの3人で公園にピクニックに行きます。そこでファブリさんはペリーヌがビルフランの孫と知ります。その後ビルフランはヨーロッパ中の新聞に広告を出しエドモンの行方を探すよういいます。しかしペリーヌはビルフランに父エドモンはもう死んだと伝えられず、しかも孫だと名乗り出ればどうしてもその事を言わなければなならいので黙っているしかなかったのです。

【感想】
ペリーヌ43-ペリーヌはファブリさんに自分がビルフランの孫だと告白します。しかし自分が名乗り出ると父エドモン(ビルフランの息子)の死を知らせなくてはならない という苦悩をいいます。

 今回ファブリさんはペリーヌがビルフランの孫と知りますが、ペリーヌが名乗り出ればパンダ
ボアヌ工場は君のものだ、とファブリさんは当然の事を言います。

「ファブリさん、私はあんな工場なんかどうでもいいのです。
            私が欲しいのはおじいさまの心からの愛情です」

 いやペリーヌ13歳ですが、こんなセリフ言える子、普通いないよなw この発言に説得力を
持たせているのが、前半の旅ですしお母さんのとの死別とその遺言なのですが・・・しかし
そうと分かっていても凄い行動(^-^;;


44話 「いじわるな夫人」
 
【物語】
 ある日ブルトヌー夫人というビルフランの姉でテオドールの母親が訪れます。ビルフランは賑やかな事の好きな姉の為にさっそくパーティーを開きます。テオドールからペリーヌの悪口を吹聴されたブルトヌー夫人は晩餐会の席上でペリーヌの服装をけなすのでした。そこへフィリップ弁護士の使いが電報を持ってやってきてエドモンが今年の3月にボスニアにいた書かれていたのでした。

【感想】
ペリーヌ・44-ビルフランの姉で、テオドールの母親のブルトヌー夫人。この方の色々な意味で暗躍します(^ー^;
 今回はテオドールの母でビルフランの姉ブルトヌー夫人がきます。サブタイトル通りいじわる
な夫人ですが、した事といえば晩餐会でペリーヌの服装をけなしたくらい・・。

 パンダボアヌ工場という遺産を巡る大人たちの欲の前には、ペリーヌがされたいじわるなど
些細な出来事に感じます。

 そんな大人達の欲が入り乱れるのでペリーヌがやたらに利発で大人びた少女に描かれる
のも仕方ない事かもしれません。

 そういえば冒頭タルエルはビルフランのお気に入りになったペリーヌにさえ取り入ろうと しま
すが、このタヌキぶりも大人になると面白く見れますね(^^


45話 「ボスニアからの知らせ」

【物語】
 ある日フィリップ弁護士がマロクールにやってきてエドモンの死を伝えたのです。ボスニアのフランス領事館からの公文書にはエドモンが今年の3月19日にボスニアで肺炎の為、亡くなったと書かれていたのです。ペリーヌの恐れていた日がきてビルフランは父エドモンの死を知ってしまったのです。ビルフランはしばらくの間、呆然とし涙を流し泣き続けました。そこにはあの厳しくいかめしいビルフランの姿はなく、ただ息子の死を悲しんでいる哀れな老人の姿でしかありませんでした。

【感想】
ペリーヌ45-ブルトヌー夫人はペリーヌにテオドールの味方になってほしいと話します。財産を継いだ時には礼をはずむといいますが、意地悪よりもこちらの方が怖いです(^^
 夜の晩餐をしていた時ビルフランはブルトヌー夫人にエドモンの妻や子供はどうするのか?
と尋ねられ、妻子について言いたい事言いまくります。

 またしてもペリーヌの前でお母さんを罵倒したりするので、ペリーヌの辛い心情が伝わってき
ます。ビルフランはペリーヌを実の孫と知らないという設定を最大限に生かしていますね。

 ブルトヌー夫人はペリーヌにテオドールの味方になってほしい、財産を継いだ時には礼を
はずむといいますが、これ意地悪よりも怖いです。

 ブルトヌー夫人の策略か?それともなりふり構わぬ行動か?それとも親心か?それとも・・・
この辺ブルトヌー夫人の複雑な心情も描いていますね。





スポンサーサイト



| ペリーヌ物語の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>フィリップ弁護士は、セーラのカーマイケル弁護士よりも
フィリップス弁護士は見せ場が後半ありますからね(^^

ではでは

| はぎ | 2011/11/21 21:53 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんばんは。

>肉親全般への情というか分別は一応、あるんですよね。
ブルトヌー夫人はただ狡猾な人物だけではなく色々な面を
描いていますよね。奥深い脚本です(^^

それでは

| はぎ | 2011/11/21 21:51 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>ペリーヌにとってつらい時期ですね。
この時期ペリーヌにとって結構大変ですよね。

>タルエルの表情の変化など、見ていて面白いです。
タルエルのたぬきぶりはいい味出しています(^^

ではでは

| はぎ | 2011/11/21 21:49 | URL | ≫ EDIT

フィリップ弁護士。

フィリップ弁護士は、セーラのカーマイケル弁護士よりもやり手に見えます。(笑)

| 広島県のT | 2011/11/21 20:52 | URL | ≫ EDIT

そういえばプルトヌー夫人はテオドールの
「叔父さんも永くないな」という発言を嗜めていましたから
肉親全般への情というか分別は一応、あるんですよね。

| 十傑作 | 2011/11/21 12:43 | URL | ≫ EDIT

この一連の回は、ペリーヌの素性を知らない大人たちの行動や発言が、ペリーヌにとってつらい時期ですね。一方で、本心がにじみ出ては、それを取り繕った笑顔になるタルエルの表情の変化など、見ていて面白いです。

| Heika | 2011/11/21 05:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/900-017344fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT