HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

赤毛のアンレビュー 16話 17話 18話

16話 「ダイアナをお茶に招く」

【物語】
 マリラはアンにお昼のお茶にダイアナを誘ってみてはと提案します。アンは喜び早速ダイアナをお茶に招待しました。呼ばれたダイアナはのどが渇きイチゴ水を飲むのですがそれはブドウ酒だったのです。ダイアナは酔っぱらって家に帰ってしまうのでした。バリー夫人はアンがダイアナを酔っぱらわせた事を怒っており、アンは心から悪い子だからもう二度とダイアナとは遊ばせないと言うのです。

【感想】
アン16-酔っ払い千鳥足で家に帰るダイアナ。アンはどうもダイアナが酔っ払っていると気がつかなかったようです。酒臭いと思わなかったのかな?
 今回は酔っ払って千鳥足のダイアナが見れる貴重な回でもありますね(^^
でもダイアナはぶどう酒をイチゴ水と勘違いしていたとはいえ、よくガブガブ飲めたな。
普通飲めばお酒と気がつきそうだが・・・甘いお酒だったのか?

 でもダイアナの母親バリー夫人は孤児のアンと娘ダイアナが仲良くするのに不安が
あったとか、人間の微妙な影の部分が描かれていますね。

 そういやマリラは自分がぶどう酒を作っているのを村の人は快く思っていなかったとか
言っていました。何気ないセリフで当時のアボンリーの人達の常識が窺い知れます。


17話 「アン、学校に戻る」

【物語】
 お茶に招待したダイアナをアンは間違って酔っぱらわせた為にバリー夫人から絶交を言い渡されます。その日ダイアナはアンにお別れを言いに来ました。アンが一月ぶりに学校に行くと、学校は以前と少しも変わっていませんでした。家に戻ったアンはダイアナの事だけが気がかりで窓の外に見えるバリー家の明かりを見つめていました。午後の授業中、隣に座ったジェーンから小さな手紙を渡され中 を見るとそれはダイアナからの手紙だったのです。その手紙にはダイアナが今でもアンを愛している事、そしてお母さんが学校でもアンと話してはいけないと言っている事が書かれていました。

【感想】
アン17-ダイアナは母親にアンに会ってはいけないといわれます。この橋で2人は永遠の別れをします。
 ダイアナを間違って酔っぱらわせた為に、母親バリー夫人から絶交を言い渡されたアン。
その為アンはダイアナとの別れに形見としてダイアナの黒髪を欲しがります。
この時点でダイアナと永遠の別れとはいえ、相変わらずアンはやることなすこ大げさw

 とにかくアンはダイアナと、心の友だとか親友なんだからとかやたら拘っている感じ。
何というかアンと友達になると、とても疲れそうだよな・・w 

  いつもダイアナと「親友なんだ!」と言い続けていてお互い確認しあっているようです。
まぁ・・この2人の大真面目な行為が大人になると面白いんですがね・・(^^


18話 「アン、ミニー・メイを救う」

【物語】
 マリラはカナダの総理大臣遊説に来たのでレイチェル夫人と連れだって30マイル離れたシャーロットタウンの町へ出発しました。その夜、アンはシュウを相手にお喋りを始めますがその時、突然ダイアナが飛び込んできて妹のミニー・メイが喉頭炎にかかったと言うのです。バリー家には誰もおらずマシュウは雪の中を馬車で医者を呼びに行きました。アンは子供の世話の経験が豊富で、何度も喉頭炎にかかった子供の看病を手馴れた手つきで看病します。マシュウが医者を見つけてバリー家に送り届けた時にはミニー・メイを診た医者はもう手当の必要はないと言います。バリー夫人はミニー・メイを助けてくれたアンに感謝しもう一度ダイアナと仲良くしてほしいと言います。マリラからそれを聞いたアンは喜びバリー家へと向かうのでした。

【感想】
アン18-アンは喉頭炎にかかったミニー・メイの看病をします。今までのアンと違いテキパキと看病をする姿が頼もしいです。
 今回はダイアナの妹ミニー・メイが病気でアンが必死に看病します。
ミニー・メイの命がかかっているので緊張感あふれるエピソード。世界名作劇場では病気で
命が危ないという話が多いですから、定番とはいえハラハラして見られます。

 慌てるだけのダイアナと、テキパキ看病をするアンとの対比がよく出ています。
アンはさすがに苦労してきただけあり非常に頼もしく、ただのおしゃべり空想好きな子だけで
ないことがここで分ります。ハモンド家での経験が役に立ちましたね!

 結果的にこの行為でアンとダイアナは元のように友達のように付き合えるようになります。
でもナレーションにあるようにこの一連の行為をアンはロマンスと考え心の友ダイアナと
分かち合える喜びも感じていました。
アンはこのような出来事もドラマチックに感じてしまうのだなと思わずにはいられません。




スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばなんは。

>酔っ払いをしょっちゅう見ていたなら、
ダイアナはアンが見たことのないタイプの酔っ払いだったのかも(^^

ではでは

| はぎ | 2015/08/05 18:59 | URL |

>アンはどうもダイアナが酔っ払っていると気がつかなかったようです。

やっぱり、酔っ払いをしょっちゅう見ていたなら、気づきそうに思います。

| Heika | 2015/08/05 05:59 | URL | ≫ EDIT

limさんこんばんは。

>私が子供の頃までは今風のワインと言う物はあまり無くて
自分も子供の頃はワインって印象ないですね。

>子供が間違って飲むシュチエーションにはイメージが合ったのでしょう。
イメージとしてはそうなるのでしょうね。

>アニメの方はこのあたりが一番充実した作りで、毎週楽しみでした。
確かに今見ても細やかに作ってあるのが分かりますね(^^

ではでは

| はぎ | 2011/12/24 00:31 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>ダイアナさんが、あんたのこと好きよとか、あっち行ってよとか言う
酔っ払ったダイアナは笑えましたね(^^

>ミニー・メイの苦しそうなシーンは本当にすごかった。
ミニーメイの演技もやはり凄かったです(^^

ではでは

| はぎ | 2011/12/24 00:26 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>日本人になじみがないのでブドウ酒に変えたみたいです。
そうだったんですか、知りませんでした。

>甘くて飲みやすかったです。
やはり甘いお酒だったんですね、ためになります(^-^

ではでは

| はぎ | 2011/12/24 00:22 | URL | ≫ EDIT

そうですか、Heikaさんの情報に納得しました。それから私が子供の頃までは今風のワインと言う物はあまり無くて、ハチブドー酒や赤玉ポートワインみたいに激甘の物がポピュラーだったので子供が間違って飲むシュチエーションにはイメージが合ったのでしょう。アニメの方はこのあたりが一番充実した作りで、毎週楽しみでした。この頃、セイカのぬりえを買って来て(線画をトレスして彩色)、セル画にして遊んでいましたが、マリラがマニラに誤植されていました(笑)。

| lim | 2011/12/23 23:27 | URL | ≫ EDIT

いちご水

ダイアナさんが、あんたのこと好きよとか、あっち行ってよとか言うのが笑えます。(笑)
「世界名作劇場」で笑えるのは、アンとトム・ソーヤが一番です。(笑)
しかし、ミニー・メイの苦しそうなシーンは本当にすごかった。
がんばれミニー・メイ!
キシリア閣下もファンだが、ミニー・メイも結構好き。

| 広島県のT | 2011/12/23 12:22 | URL | ≫ EDIT

ダイアナが飲んだ酒は、本来はブドウ酒でなくスグリ酒で、日本人になじみがないのでブドウ酒に変えたみたいです。小生は同じものを飲んだことはないですけど、スグリの一種のカシスのカクテルを飲んだときは、甘くて飲みやすかったです。

| Heika | 2011/12/23 07:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/925-1fafd833

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT