HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

赤毛のアンレビュー 25話 26話 27話

25話 「ダイアナへの手紙」

【物語】
 足を怪我したアンは、新学期が始まって数週間たった今も学校へ行けませんでした。毎日必ず学校の帰りに顔を見せていたダイアナが急に来なくなったので、アンは何か訳があるに違いないと心配になります。そんな時ダイアナがシャーロットタウンで病気になっていると聞きます。アンは今すぐにでも駆けつけたかったのですが、そこへダイアナがアンのお見舞いにやって来たのです。ダイアナはジョセフィンおばさんが病気だと聞いてシャーロットタウンまでお見舞いに行っていたのです。ダイアナが来てくれた喜びでアンも立って歩けるようになるのでした。

【感想】
アン25-アン役の山田栄子さんのおしゃべり演技が堪能できますね。この辺になると山田さんのアン演技が板についてきています。
 今回は総集編といえアンの回想によるダイアナとの今までの出来事を振り返ります。
前の第20話「再び春が来て」も総集編でしたが、あの話はマリラの回想でアンとの出会い
が描かれていました。同じ総集編でも視点が違いますね。

 ダイアナが病気と思い込み一人で勝手に悲嘆にくれるアンが楽しいです。今回はアンに
動きがない分、セリフがいつも以上にあり山田さんの演技がより堪能できる回といえます。


26話 「コンサートの計画」

【物語】
 
アンは初めて学校でステイシー先生に会い先生は週に一度子供達を戸外に連れ出して情操と科学の両面から自然に深く親しませた。そしてステイシー先生はクリスマスに公会堂を借りて自分達の コンサートを行い、その売り上げでアボンリーの旗を作ろうと提案します。アンは家に帰っても劇の練習に精を出してマリラを呆れさせ、ダイアナなど他の生徒達も同様でした。しかしアン達のこうした熱中ぶりは現実主義者のマリラには当然気に入らないですが、マシュウの誉め言葉でアンは勇気付けられるのでした。

【感想】
アン26-ステイシー先生は理想の先生でもありますし、理想の女性でもあります。アンたちが憧れるのも当然ですよね。
 アンはステイシー先生とは家で会っていますが、学校できちんと会うのは今回が初めて。
でも見て分かりますが、ステイシー先生の袖がやたらでかいのが気になりますね(^^
それはともかく男子生徒とボール投げをやったりして活動的ないい先生です。

 ステイシー先生は「命令ごっこ」にはルールが必要で、人に命令する前に自分がやって
みせればと提案、こうすれば無責任な命令はできなくなるからと。

 さすがに理にかなっていますね。「命令ごっこ」は禁止ではなく、遊ぶならきちんと安全に
出来るようにし生徒達にも同意を求めたりと理路整然としたやり方。そして子供達を情操と
科学の両面 から自然に親しませたり理想的な先生として描かれていましたね。


27話 「マシュウとふくらんだ袖」

【物語】
 アンはコンサートの練習に励んでいましたが、そのアンを見てマシュウはアンの服装が他の少女達と違うという点に気がついたのです。アンがグリーンゲイブルズに来て以来、いつも飾り気のない色の濃い同じ型の服しか着ていないのです。アンに袖のふくらんだ服を買ってやるというマシュウは計画します。 マシュウはレイチェル夫人に頼むと 夫人は最新流行の服を作ってやると大張り切りでした。

【感想】
アン27-気がつけばレイチェル夫人はすっかりいい人になりました。 最初はアンの癇癪に呆れていたのに、まるで別人です(^^
 「赤毛のアン」で最初から出てきている男性キャラがこのマシュウ。しかしこのマシュウに
男は感情移入しにくい。年齢的におじいちゃんですし、気弱な性格・・しかも念が入っている
のは女性と話すこともできない内気な男性ですから。

 おじいちゃんだとしても使用人を使いこなしたり決断力を示したりする男性的な逞しさの
ようなものをすべて取られてしまっている のでね。いうまでもなくアンという少女が家に来る
ので男性的な人物がいるとまずいからこうなったのですが・・・
マシュウの愛情は理解できますが、正直に感情移入はしにくかったです(^^;

 マリラは袖のふくらんだ服をアンの虚栄心を増長させるだけだと言い、レイチェル婦人は
地味な服ばかりだと僻みっぽい子になると言います、この辺も難しいところでしょうね。

次回この服をアンが着るとなるとマシュウといわず視聴者も楽しみです~(^-^


 

スポンサーサイト

| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ある名作ファンさんこんばんは。

>ダイアナに飛びついて抱き合うシーンがかわいいと思いました~^^
確かにこういう女の子同士のじゃれあいは可愛いですね。

>気弱なマシュウがその気弱さを乗り越えて
マシュウはそういう意味では父親とかそういう目線で見るのが正しいのでしょうね(^^

ではでは

| はぎ | 2012/01/02 00:57 | URL | ≫ EDIT

どちらかというと…

ダイアナへの手紙、では、脚が治ったアンが、ベットのダイアナに飛びついて抱き合うシーンがかわいいと思いました~^^
アンとダイアナ、女の子同士のちょっと熱めのキャッキャは見ていて楽しいです~。
それでいて、そういう関係が進学にしたがって溝ができていき、その溝も時間が埋めて、お芝居チックじゃない、本当の友情に気づいていくのがまたいいなあと思います。

>感情移入しにくい
どちらかというと、感情移入するというよりは、気弱なマシュウがその気弱さを乗り越えて、アンのために勇気を出す。その愛情に感動するんじゃないかなあと…。
あの包容力こそがマシュウの魅力だと思います~。

| ある名作ファン | 2012/01/01 11:19 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>試験前にやるステイシー先生の変な体操は原作に
どうなのでしょう、きちんと読み返してみます(^^

ではでは

| はぎ | 2011/12/31 00:46 | URL | ≫ EDIT

ふくらんだ袖。

ふくらんだ袖はいい話でしたねぇ。
ところで、試験前にやるステイシー先生の変な体操は原作にもあるようですが?
僕はあれは日本版オリジナルかと思いました。
ラジオ体操かと思った。(笑)

| 広島県のT | 2011/12/30 06:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/928-52e159d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT