HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険レビュー 4話 5話 6話

4話 「サムじいさんのおまじない」

【物語】
 トムは日曜日の礼拝が大嫌いでしたが、今日は教会でベッキーと会えると思うと朝の礼拝が待ち遠しくてたまりません。トムはベッキーの気を引こうとしますが、彼女はからかわれていると思ってトムを無視してしまうのでした。 そんなトムを見ていたハックはトムを慰めようと夜中にトムと2人でサム爺さんの家を訪れる事にしました。そこでトムは願い事のかなうおまじないを聞いたのです。そのおまじないとは願い事を100回唱え、しかもその間は誰とも口を聞いてはいけないというものでした。トムはさっそくベッキーと友達になりたいと願い事を唱え始めますがその異様な光景をシッドやポリーおばさんに見られてしまい、99回まで唱えたところで口を聞いてしまって、おまじないは失敗してしまうのでした。

【感想】
トム4-トムはベッキーと友達になりたくておまじないの願い事を唱え続けます・・。そりゃ、こんな姿を見ればおかしくなったのか?と家族に思われても仕方ありません(^-^
 トムは分かりやすい行動で、ベッキーの気を引こうと一生懸命ですね。
「あらいぐまラスカル」でスターリングとアリスが簡単に友達になったのとは違います。
普通はこんなに簡単に仲良くなれませんから、トムのように努力するのが当たり前かも(^^

 トムは願い事100回に挑戦しますが、あと一歩、99回目で失敗!!
必死に願い事をしているトムの姿と心配する家族の様子がおかしさを倍増させていましたw


5話 「恋は異なもの味なもの」

【物語】
 ハックはこれまで丘の上の樽の中で暮していましたが、ミシシッピ川を見下ろす事のできる木の上に家を作ろうと決心しました。それを知ったトムも学校が終わったら手伝うと協力を約束し、材料や道具の調達をする事にしました。学校の教室にはベッキーが来て2人は仲良くなるのでした。 学校が終わったらベッキーの家に遊びに行くと約束したトムはハックの家作りを手伝うのをすっかりと忘れてベッキーの家に遊びに行ってしまうのです。

【感想】
トム5-ベッキーの飼い犬シーザー。主人のベッキーに対する忠誠心からかとにかくトムに吼えかけ噛み付く怖い犬。トムの天敵といえる存在ですね(^^
 トムのぐらぐらになった歯を抜く方法ですが、歯に糸をつけ顔に炭火を近づけ驚いてのけ
ぞったのを利用して抜きました。これ昔の漫画やドラマによくあるやり方で「子供の歯はこう
して抜けばいい」という荒っぽい考え方がいいです~w

 そういやドビンズ先生は歯医者になりたくてその勉強する為に自習にしていたんですね。
ドビンズ先生は努力家だったのか!(いや子供に勉強教えていないので問題あるけどw)
でもそのドビンズ先生には秘密があるんですけどね・・・(^-^;

 そしてトムはベッキー出会ってからパフォーマンスや筆談をしてやっと仲良くなりました!
世界名作劇場に限らずアニメや漫画などでは主役の男の子は簡単に女の子と仲良くなる
作品が多いですから、それに比べればトムは汗をかいて努力していますね。
見返すと意外に努力家が多いことが分かった「トム・ソーヤーの冒険」です(^^


6話 「ハックの家づくり」

【物語】
 夜中にハックはトムに鋸と金槌を借りに来たのですが、手伝うと言っていたトムが来なかったので少々おかんむりです。翌日トムは屋根を付けようとハックを説得し、近所の廃屋から材木を持ちよって木の上の家に屋根を付け始めました。そんな時、召し使いのジムが鋸と金槌のない事に気付き、ハックの木の上の家までやって来ました。ジムは自分が家作りを手伝って早く完成させるのが鋸と金槌のもっとも早く帰してもらう方法だと考え、木の上の家作りを手伝います。そしてジムの協力のおかげでハックの家は見事に完成するのでした。

【感想】
トム6-ハックの木の上の家はロマンがあります。ちなみにトイレの小の場合、木の上からそのまましてしまいます(^^
 ハックの家作りですが「木の上の家」はロマンがありますよ、素直にそう思います。
この「木の上の家」は次作「ふしぎな島のフローネ」にも引き継がれますね。

 それよりベッキーはトムに額にキスさせたり仲がいいというよりサービスがいいな~
まぁ、ベッキーみたいなアメリカ娘なら こういうことも平気かなって気もする(^-^
 
 ベッキー役の藩恵子さんの演技やキャラクターデザインの関修一さんのデザインがそう思わ
せる説得力を作り出しているのでしょう。でもいかにもアメリカ娘のベッキーや自由人ハック、
酔っ払いマフとか「トム・ソーヤーの冒険」は関氏のキャラデザインのよさが際立ちます。



 

スポンサーサイト



| 母をたずねて三千里の関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ある名作ファンさんこんばんは。

>よくわからない努力までするトムの姿が楽しいです(笑)
ひたすらがんばるトムがいいです~

>木の上の家もロマンですよね~
そう!これ秘密基地のノリに近いですからロマンを感じます(^^

ではでは

| はぎ | 2012/02/18 20:18 | URL | ≫ EDIT

ストレートな行動が魅力

トムのストレートな行動が楽しい回ですよね^^
ベッキーと仲良くなりたいあまり、謎のおまじないや花束やと、もうよくわからない努力までするトムの姿が楽しいです(笑)

木の上の家もロマンですよね~
こういう秘密基地って、子どもならだれでも(大人でも^^)憧れるものだと思います^^

| ある名作ファン | 2012/02/18 15:24 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>トムのおまじないの数を数えていたことがあるのを思い出しました。(笑)
そういうことしちゃそうですよね(笑

ではでは

| はぎ | 2012/02/08 23:10 | URL | ≫ EDIT

そういえば。

トムのおまじないの数を数えていたことがあるのを思い出しました。(笑)
Heikaさん。えっ、異性の隣に座るのが罰とは知りませんでした。
それはうれしい罰ですが、確かに緊張しますね。(笑)

| 広島県のT | 2012/02/08 22:30 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんばんは。

>いじけたトムの一人芝居は後のルシエンがダニーに
こういうのは使いまわしされるようですね。

>それって、まんまルシエン…
ルシエンの場合はトム以上に大変でしたが・・(^^

>「ハックルベリィの冒険」から来ているのでしょうか。
こういうのは続編のような関連作品から持ってきていますね。

ではでは

| はぎ | 2012/02/08 21:44 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>原作のノリだったら、おまじない最後までやり遂げて願いが
原作はアニメよりもっと奔放な感じですよね。

>当時は異性の隣に座らせるのがおしおきだったらしいですけど
このくらいの年齢だと余計おしおきになるんでしょうね(^^

>完成から一話で燃やされた小屋の方を思い出してしまいました。
殆ど同じ感じですよね「トム」と「コナン」は(笑

ではでは

| はぎ | 2012/02/08 21:03 | URL | ≫ EDIT

斉藤監督が後の「アンネット」に演出助手として参加
していますので系譜が見えますね。
>トムはベッキーの気を引こうとしますが、
>彼女はからかわれていると思ってトムを無視
いじけたトムの一人芝居は後のルシエンがダニーに
箱舟を渡す時のシュミレーションに通じていますね。

>女の子と仲良くなる努力
それって、まんまルシエン…

>ベッキーはトムに額にキスさせたりサービスがいい
この辺りは殆どアンネット?

黒人のジムの名前はやっぱり先に放映された
「ハックルベリィの冒険」から来ているのでしょうか。
原作では少年だったようですがアニメでは
初代ルパンヴォイスの青年でした。

| 十傑作 | 2012/02/08 10:01 | URL | ≫ EDIT

>サムじいさんのおまじない

トムの原作は当時の迷信がいろいろ出て来るのが面白いですけど、アニメの方で出て来るのはこの回と、トムとハックの血の誓いくらいでしたかね。原作のノリだったら、おまじない最後までやり遂げて願いがかなわなくても、迷信の方を信じる気持ちが強くて、自分でかなわなかった理由をつけてしまうはずです。
ドビンズ先生が、トムをベッキーの隣に座らせるのは、原作によると「アン」でフィリップス先生がアンをギルバートの隣の席にしたのと同じで、当時は異性の隣に座らせるのがおしおきだったらしいですけど、アニメでは理由が語られず不思議なシーンでした。

>この「木の上の家」は次作「ふしぎな島のフローネ」にも引き継がれますね。

私は、ハックの声優がジムシィと同じなので、「未来少年コナン」で完成から一話で燃やされた小屋の方を思い出してしまいました。ジムは、頼れるお兄さんとして描かれていますね。

| Heika | 2012/02/08 07:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/978-e3cda597

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT