HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険レビュー 34話 35話 36話

34話 「天から降ってきた男」

【物語】
 ある日ミッチェル先生がポリーおばさんを訪ねて来ました。ミッチェル先生は昔メアリーが看護婦になりたいといっていたので、自分の診療所で看護婦見習いをしてみないかと相談に来たのです。ポリーおばさんはメアリーに聞くと彼女は了承します。そんな時セントピーターズバーグの村に気球が飛んで来ます。トムは気球を追いかけカーディフの丘に行き、気球が不時着する現場に出くわしました。気球にはアーサー・オコーナーという青年が乗っており、アメリカ陸軍のものでシカゴからきましたした。その後コリンズ保安官が来てすが人間が乗っていたと知って一安心するのでした。

【感想】
トム34-トムとハックの頭上を通過する気球。村人たちは気球を恐れますが、子供のトムたちは好奇心を抑さえきれず走って追いかけます。
 今回から4話連続でアーサー主役の話「アーサーシリーズ」の始まりです。
そして今まで目立たなかった、メアリー姉さんが主役のシリーズともいえますね(^^

 そういえばミッチェル先生の診療所の患者が激減したの、ロビンソン先生という名医が
診療所を開いたからでした。でも冷静になると村に医者2人ってかなり恵まれています。

今までの世界名作劇場作品では、村に医者がいなかったり1人だけだったりですから。

 その後セント・ピーターズバーグの村に、何と気球が飛んで来ました!
トムのような少年からすれば、もの凄く楽しい出来事が起こり、ワクワクさせて次回w


35話 「空を飛びたい」

【物語】
 アーサーは保安官事務所に行き、シカゴの陸軍兵器研究所への手紙を書くと、保安官のパットが手紙を届ける事になりました。アーサーは気球が不時着した時に頭にケガをしておりミッチェル先生の診療所を訪れます。そこでアーサーはメアリーと知り合い会話を続けるうちにすっかりと仲良くなります。アーサーはセント・ピーターズバーグまで飛ばされて来たのでお金を一銭も持っていませんでした。それを聞いたメアリーはアーサーを家に招待します。そしてアーサーはトムのベッドで眠り、トムはシッドと一緒にベッドで眠るのでした。

【感想】
トム35-気球は軍で開発実験されていたものでした。この時代、気球の使い道は軍事兵器くらいでしょうか?
 ミッチェル先生の診療所でアーサーとメアリーはすぐに仲良くなります。
空から来た青年とのラブロマンスとは、よく考えるとロマンチックかもしれませんw

 アーサーはトムの家に泊まることになりますが、トムやシッドは「気球」についてアーサー
を質問攻めです。トムとシッドは「気球」に興味があるのもそうでしょうが、それより家に客が
来たことへの興奮もあるのでしょうね。

 アーサーも子供の頃お客さんが来ると楽しみにしていたとかいっていましたが、こういう
所の子供時代の感覚をうまく描いていると思います。

 それに対してメアリーはアーサー自身の事を聞きたがり「気球」にはまったくの無関心。
まぁ、メアリーからすれば「気球」なんてどうでもいいよな(^-^;


36話 「気球を直そう」

【物語】
 翌日、トムはどうしても気球に乗りたくなりアーサーに気球を飛べるようにしてほしいとお願いしアーサーは気球を直してみる事にしました。気球に異状はなく、このまま火をたき続ければ明日の朝には気球は飛ぶ事が できそうでした。ところがアーサーはコリンズ保安官に呼び出され、気球を飛ばす事をやめるように言われてしまいます。それを聞いたアーサーは従わないわけにもいかず、気球の下でたいていた火を消してしまいました。それを聞いたトムは気球に乗る事ができなくなりとてもガッカリしてしまいます。

【感想】
トム36-気がつけば「村一番の美人」メアリーと仲良くなっていたアーサー。 お互い両想いなのでハッピーエンドはすぐにやってきますw
 トムに言われアーサーは気球を直しますが、コリンズ保安官に止められました。
村人達の中には空からやって来たアーサーを悪魔だと思い込んでいたり、気球で空を
飛ぶ事自体、神に対する冒涜だとか考えている人達がいるようです。

 当時は空を飛んでるのは鳥だけなんで、気球を見ればそう思う人間がいても不思議じゃ
ありませんね。現代人も得体の知れないものには恐怖を抱くのでは当然の反応。

 しかしそんな得体の知れないものにこそ好奇心を抱くのがトム!!気球が目の前にある
ので行動を起こさないわけには行きませんよね(^^






スポンサーサイト



| 母をたずねて三千里の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>気球に驚く人々がなかなかいいですよねぇ。この話。
気絶した人もいましたし定番演出かも?

>後日大変なことに!
後半大変な出来事が起こりますね(^^

ではでは

| はぎ | 2012/06/29 00:19 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>冒険に関係することなど興味のあることには結構知識を持っていることがわかり、
勉強は苦手でもどうでもいいことに詳しいということありますよね。

>遊覧飛行がビジネスとして成り立ちそうに思いますが、どうだったのでしょうね。
この時代はコスト対価にあっていたのかな?
お金はやはりかかりそうですからね(^^

ではでは

| はぎ | 2012/06/29 00:17 | URL | ≫ EDIT

おお!もう気球。

気球に驚く人々がなかなかいいですよねぇ。この話。
ここ、ロビンソン先生とミッチェル先生の話が結構面白いのですが、後日大変なことに!

| 広島県のT | 2012/06/28 18:47 | URL | ≫ EDIT

気球シリーズ

このシリーズは学校の勉強ができないトムが、冒険に関係することなど興味のあることには結構知識を持っていることがわかり、主人公を応援してる身としては、なんとなく嬉しいシリーズです。
当時の気球の用途が軍事用くらいかと言う話ですが、トムのように単に空を飛びたいという人が多ければ、遊覧飛行がビジネスとして成り立ちそうに思いますが、どうだったのでしょうね。

| Heika | 2012/06/28 07:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/999-c63740af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT