HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第15話 「ホットドッグと壁の花」 の感想

あしなが・15-1

 リンカーン記念女子学園の50周年記念パーティーが開かれる事になりジュディは「あしながおじさん」からパーティードレスを送ってもらったのですが相手がいません。ジュリアは踊る相手のいない女性は壁際に立っているだけなので「壁の花」と呼ばれていると教えます。ジュディは買物しに町に出かけますが店先で偶然ジュリアに出会い2人はお腹が空いたのでパーラーで食事を取る事にしました。店に入って2人はホットドックを注文しますが、ジュリアはナイフとフォークを要求しますがおせっかいな店のボーイに薦められてそのまま食べる事になります。パーティーが始まりましたが、ジュディだけでなくジュリアやサリーまでパートナーが来ないので壁の花になってしまいました。ジュリアは偶然にもパーラーのボーイに出会い、ジュディとボーイは一緒に踊ります。ところが彼はサリーのお兄さんジミー・マクブライトといいプリンストン大学の有名なクォーターバックだったのです。パートナーが急用で来られなかった為ジュリアは自分が壁の花となってしまいました。ジュディはジミーに今度はジュリアと踊ってもらえるようにお願いします。


あしなが・15-2ホットドックを食べるのにナイフとフォークを要求するジュリア…相変わらずですねw

【感想】

今回から段々、学園ラブコメになってくる感じですw

 ジュディとジャーヴィスは孤児とお金持ちという身分差のある恋愛で現実感に乏しい所がありますが、大学生のジミーが出てくる事によってより身近な恋愛感(親近感)が出てきました。

 原作でもジミーは出てくるので、その辺りをうまく脚色してアニメに織り込んだ感じで物語的には面白くなったといえるでしょう。

 そしてジミー、ジュリア、ジュディの三角関係が始まった瞬間でもあります。…というか後にジャーヴィスまで加わって更に複雑になりますがw

 それより11話から今回15話まで明るく楽しいお話しが続きましたが、言い方を変えれば軽い学園ドラマが5話も続いた事になります。

 ジュディの「孤児としての悩み」のような重い話ばかりもキツイですが、恋愛劇ばかりの軽い話が続くとそれはそれで微妙…。
 
 学園ドラマならさして気にならないのですが、世界名作劇場である以上ジュディの劣等感克服をメインに描いて欲しいと思うのは自分が世界名作劇場ファンだからか?

 重い話と軽い話のバランスをうまく取って、話数構成を考えてほしかった。次回から重たいお話しが続くので余計そう感じますね。





| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第14話 「初めての小説が盗作?」の感想

あしなが・14-1

【物語紹介】
 ジュディは小説を書き上げメルノア先生に読んでもらいます。メルノア先生は小説を読んだ上でこういう書き方は盗作だと言いました。ジュディは一生懸命書き上げた作品を盗作だと言われたショックで、二度と小説は書かないと思うのでした。しかし勉強に一生懸命なジュリアや自治会役員の仕事に一生懸命なサリーの姿を見ていると、自分も何かをしなくてはと思い、再びペンを取る事にしました。ジュディは自分の経験を生かして孤児を主人公とした小説を書き上げました。できあがった小説を読んだサリー、ジュリアは小説の内容に感動して涙しメルノア先生も素晴らしいと誉めてくれました。そしてジュディの小説は入賞こそ逃しましたが佳作として選ばれ、ジュディには万年筆が送られたのでした。


あしなが・14-2ジュディの小説の中で描かれたジョングリア孤児院…で脱走してロープで縛り付けられたジルーシャですが…。



【感想】
 ジュディは自分の書いた小説をメルノア先生に「有名小説のいいとこ取りで盗作」といわれてしまいショックを受けます。

 なのでジュディは自分のジョングリア孤児院での体験を基にした小説を書き上げますが…その内容が微妙…

 作品でジルージャは孤児院を脱走して罰としてリペット院長に木に縛り付けられてしまいますが、最初に出てきた実際のジョングリア孤児院 との落差があり過ぎます。

 あのリペット院長はそこまでする人だったのか?もちろん孤児院がいい所ではないだろうしリペット院長、厳しい面もあったでしょうが、この小説読むとジュディの中でジョングリア孤児院が忌むべき所になってしまっている感じ。

 それに自分の体験を基にしているとはいえ、このような辛い孤児院時代を小説という形で脚色し、ラブロマンスにしてしまうというのはどうも…

 孤児院から救い出してくれるのも、ジュディが嫌いなはずのお金持ち(ジャーヴィスだし)…もう少し違う形でジョングリア孤児院を小説にして貰いたかったです。






| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第13話 「サリーの勇気ある挑戦」 の感想

あしなが・13-1

【物語紹介】
 ジュディはハイスクールの2年生になりました。ある日クラスで自治会役員選びがありジュリアが推薦されそうになるのですが彼女はとっさにサリーを推薦しました。サリーは仕方なく引き受けジュディと共に選挙運動を始めます。サリーは無理矢理役員に推薦されたのですが、嫌な顔をせず取り組む姿を見てジュディは彼女を見直すのでした。選挙演説日サリーは観衆の前に立ちますが、緊張し倒れてしまいます。その代わりにジュディが今までのサリーの頑張りを語り皆から拍手を受けました。そしてサリーは自治会役員選挙で最下位当選するのでした。リンカーン記念女子学園では創立50周年を記念して小説のコンテストが行われ、入賞作品には25ドルもの賞金が出されると聞いたジュディは、さっそく自分もコンテストに応募する為、小説を書こうと決心したのです。

あしなが・13-2自治会役員の選挙で皆の前でスピーチをするサリーでしたが…


【感想】

 この回でジュディ達は2年生になり、ジュリアは大学へ行く目標を立て勉強をしサリーは最初嫌がっていた選挙運動を積極的にするようになっていました。

 今回はサリーメインのお話になります。しかしジュリアは自分が自治会役員に推薦されそうになると、とっさにサリーを推薦し難を逃れるのがうまいですw

ジュリアって勉強もできるんですが、こういうとっさの判断力もあるな~ヽ(*´∀`)ノ

 大学進学をいち早く決断したのも彼女ですし、キャラが立っていますね!…がそれに引き換えサリーは地味としか…

 原作では活動的な女性なのですが、アニメでは気弱で大人しいキャラにされたのは可哀相としかいえないです。

 そのサリーが活躍するのが今回のエピソードですが…でもこれ学校でクラス委員長を選ぶ際、立候補者がいないので無理矢理、人に推薦されるパターンですよね…

 確かに身近なお話といえますが、サリーが選ばれるのがなんとも…何より最後の演説シーンでサリーが倒れてジュディが代わってスピーチするのはいくらなんでも…

最後はサリーが立ち上がりスピーチの続きしてあげてもよかった気がしますが…(>_<)

 ジュディいいこともっていきすぎだけど、それでいてそのアクシデント的ジュディのスピーチの後、静まり返る生徒達の中で最初に拍手をするのがジュリアなんですよね・・・

どう頑張ってもジュディ、ジュリアにいいとこ持って行かれてしまうのが、サリーっぽい(*´∀`*) 





| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第12話 「奇妙な偶然」 の感想

【物語紹介】
 ジュディはおじさんとおばさんにジャーヴィスおじさまについて聞きました。このロックウィロー農園もジャーヴィスおじさまのものだったのですが、おばさんが乳母をしていた事もあって、おじさまが大きくなった時にセンプル家に譲ったのです。ジュディが農場で牛を見ていた時、2匹の子牛がお母さん牛のお乳を取り合っているのを見かけ、痩せた子牛は負けて追い払われてしまいました。ジュディは何とかしようとしますが、おばさんに止められてしまいます。おばさんは痩せた子牛を特別扱いすると強い牛にはなれないと言って、放っておくように言うのでした。ジュディはグリグスさんに紹介してもらった農園にジャーヴィスおじさまが暮していたのだから、おじさんおばさんはあしながおじさんの事を知っているのではないかと考え尋ねようと しますが、思いとどまりました。あしながおじさんの事を尋ねると、ジュディが孤児だという事がおじいさんやおばさんだけでなくジャーヴィスおじさまにも知られてしまうと考えたからです。


あしなが・12-2今回はジャーヴィ坊ちゃんことジャーヴィスの話がメインです。


【感想】

 前回に引き続きジュディのロックウィロー農園での、活躍が見られるのかなと思っていたんですがそれは前回まで、

今回はジャーヴィスの子供時代の話ばかりで、それが残念だったりw

 ジュディが好意を持っている人物とはいえ、そのジャーヴィスの子供の時のエピソードって大した話はないしね…

 腕白坊主ではあったようですが、大概男の子は腕白だし…まぁ、簡単に言うと普通の子供だったようですな。

 一応ジャーヴィスの優しさが分かるのは、センプル家に農園を譲った事くらいか?史実的には子弟と乳母が親子のような関係になるというのはありますけど。

 その後ジュディはねずみ取りや子牛の世話などをしますが、話のテンポが速くせっかくのロックウィロー農園での夏休みが慌しく感じてしまいます。

 最後にジュディはおじさんおばさんに「あしながおじさん」の事を聞こうとしますが…しかし聞くことで、自分が孤児であることがバレると考え躊躇しましたね。

 この回辺りからジュディは、孤児である事を隠そうとしている面が強く出てきます。





| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第11話 「おもいがけない人の名」 の感想

あしなが・11-1


【物語紹介】
 ジュディはロックウィロー農園のセンプル家にやって来ました。主人のジョージおじさんはちゃらちゃらした服で農園にやって来たジュディが気に入らないようです。ジュディは働きやすい服に着替えて農場の開墾の仕事を手伝ったりしているのを見ると、 おじさんはしだいにジュディに対する考えを改めるようになりました。そしておじさんが魚を食べたいというのを聞いたジュディは1人で川に行って大きなナマズを釣って来ますがずぶ濡れになってしまいます。しかしその姿を見たおじさんは大笑いしジュディの事が好きになってしまいました。ジュディはふとした事からセンプル家の屋根裏部屋を訪れ、昔いたジャーヴィー坊ちゃんの遊び道具がたくさん置かれていました。ジュディは1冊の本に目が止まり、本を取り上げて表紙をめくるとそこには本の持ち主の名前がジャーヴィス・ペンデルトンと書かれていたのです。昔センプル家で暮していたジャーヴィー坊ちゃんとはジャーヴィスおじさまだと知ってジュディは大喜びしました。


あしなが・11-2ジュディの入浴シーンですが、髪を下ろしたのはこれが最初で最後でした。


【感想】

今回出てきましたね、世界名作劇場では定番の、頑固で笑わないおじさんキャラw

 ジョージおじさんは以前、お金持ちのお嬢様に嫌な目にあったのでジュディにも冷たい対応します…

 というより嫌な目にあったお金持ちのお嬢さんとはジュリアなのですが…ここまでジョージおじさんを怒らせるとは、ジュリアは何をしたんだw

 まぁ、そんなジョージおじさんもジュディがびしょ濡れになった姿を見て簡単に笑顔を取り戻しますが…w

 1話もかからず頑固な人がここまで柔和になりました、 頑固者の心を解きほぐすのは世界名作劇場ではよくありますが、形だけ出てきた感じでした。

 
あと最後の方でジュディは心情をナレーションで語りますが

「孤児だと言う事に卑屈になって2人の親切を疑っていた事を反省します」

 と言うのですが…その本編見る限りおじさんとも仲良くしよとしてたし、おばさんには素直でした。

 少なくとも2人の親切を疑っているようには見えませんでしたが・・・ナレーションと今までの行動とが一致せず、違和感覚えたセリフでした。

 そして最後の最後で屋根裏で見つけた本から、ジャーヴィ坊ちゃんがジャーヴィスである事を知ります。

 ロックウィロー農園の話は原作にあるとはいえ、今回は洋々なエピソード満載でやや詰めすぎの印象もありましたね。







| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第10話 「裏切ってごめんなさい」の感想

あしなが・10-1

【物語紹介】
 ジャーヴィスおじさまからチョコレートのプレゼントが届きました。しかしジャーヴィスおじさまの事で浮かれすぎていた為、勉強が手につかずジュディは国語で落第点をとってしまいました。夏が近づき、夏休みの間、生徒たちは実家に帰ってしまうのでファーゲッセン寮は6月から3ヶ月間閉鎖されると知ったのでした。当たり前ですがジュディには行くところがないのです。そこへリペット院長から夏休みの間、行くところがないでしょうからジョングリア孤児院に来て働いて食費を稼ぎなさいという手紙がきました。無論ジュディは戻るつもりはまったくありませんでした。しかしジュディはジャーヴィスおじさまの事で浮かれすぎていた自分に気がつき勉強する為に学園に来たという事を思い出します。ジュディは「あしながおじさん」に今までの浮かれすぎていた自分をわびる手紙を出し夏休みの間ジョングリア孤児院に戻って働こうと決心したのです。ファーゲッセン寮を出る時、あしながおじさんの秘書のグリグスさんから手紙があり夏休みの間、コネチカットのロックウィロー農園で過ごすようにと書かれており、ジュディは飛び上がるほど大喜びするのでした。
 

あしなが・10-2リペット院長はジュディに、ジョングリア孤児院に帰って働きなさいと手紙を書きます。

【感想】
 ジャーヴィスからチョコレートを貰い浮かれるジュディ…その為か国語で及第点を取ってしまいました。数学に続き2度目ですねw

 学園が夏休みになり校舎も寮も3ヶ月閉鎖されるので、リペット院長からジョングリア孤児院で働きなさいと手紙をもらうジュディ…。

 しかしジュディは学校に行ってるのは勉強のためだと思い出し、ジョングリア孤児院で働きながら勉強をする決意をします。

 そう、ジャーヴィスのことで浮かれていても、ジュディは自分が今何をしなければならないかすぐ理解できるなんてさすがとしかいえませんw

 そしてその事を「あしながおじさん」に手紙で書くと返事があり、なんと「あしながおじさん」が所有するロックウィロー農園で過ごすようにと書かれていました。

 でもこの夏休みの過ごし方について、リペット院長とあしながおじさんの行為はアニメと原作を比べると意味合いが違っています。

 原作のジュディはジョングリア孤児院を2度と帰りたくない所とまで言っているので、
ロックウィロー農園で過ごしなさいという「あしながおじさん」の行為をすぐに承諾しました。

しかしアニメではリペット院長はいい人で、ジョングリア孤児院も(原作ほど)酷いところではありません。

 ですからアニメのジュディはリペット院長の申し出を理解し自らを戒める為に働く事を決意したんですよ。

 両者を比べると「あしながおじさん」よりリペット院長の方が厳しいですが、どちらがジュディのためになるかを考えているかと言われれば間違いなくリペット院長。

 アニメではジョングリア孤児院の描き方が変わったので、相対的にあしながおじさんの行動がおかしくなった回でした。









| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第9話 「ジュリアの叔父様は変わり者?」の感想

あしなが・9-1


【物語紹介】
 ジュリアに頼まれ、ジュディはジュリアのおじさま ジャービィスのお相手をする事になりました。ジュリアによるとジャービィスおじさまは変わり者とのことです。待っていると20才後半くらいの男の人が声をかけてきました。その男性こそジャーヴィスおじさまだったのです。でもジュディはお金持ちが嫌いで、ジャーヴィスが好きにはなれず黙々とキャンパスを案内してまわります。ジャービィスはジュディに一番好きな場所を案内してくれと頼みます。ジュディが一番好きな場所はファーゲッセン寮の屋根の上だったので屋根の上に登って紹介します。さすがのお金持ちもここまでは来ないだろうとジュディは思っていましたがジャーヴィスは屋根の上にも登って来たのを 見て少し見直すのでした。しかし屋根にいるところをスローンさんに見つかり2人とも叱られます。ジュディは少しもお金持ちくさくないジャービィスおじさまを好きになりました。


あしなが・9-2ジュリアの叔父ジャーヴィス・ペンデルトン。見れば分かりますが、背がとにかく高いです。


【感想】

 この回にジュリアから紹介された叔父である、ジャーヴィス・ペンデルトンが登場します。

 そのジャーヴィスに対してジュディは「お金持ちはやたら気取っており何でも自分の思い通りにする人たち」と考えていたので彼もそうだろうと思い嫌っていました。

 しかし会ってみるとジャーヴィスは飾らない気さくな人柄で、今までのお金持ち像と違っていてジュディは彼に好意を持ちます…。

 …でも正直これ、ジュディの嫌いなタイプのお金持ち像にジャーヴィスが当てはまらなかっただけでは?

「嫌いな人が、優しいそぶりを見せるとやたらいい人に見える」というやつ。

 ジャーヴィスは飾らない気さくな人柄ってだけで、人間的に何か優れたところを感じないよな、少なからず初対面では。

 逆にいえばジュディのお金持ちに対する偏見が、いかに強烈だったか分かります。…偏見の目で見ていたから、ジャーヴィスが普通の男性というのが分からなかったといえます。




_____________【ネタばれあり】_____________


5.jpg←「あしながおじさん」の正体について記述してあります。

 でもこの「私のあしながおじさん」のレビュー的に困るのは「あしながおじさん」は誰なのか?というネタばれをどうするかです。

 誰なのか分かったとしても感動がなくなったり薄くなる事はわけでもないので書きますが、ジャーヴィスこそ「あしながおじさん」その人です。

4.jpgジャーヴィス
        ||

あしながおじさん

 分かった上で彼の行動を見ていくと微妙ではあります…「私のあしながおじさん」ではジャーヴィスの行動については色々いわれますからね(*´Д`)

>お金持ちはやたら気取っており何でも自分の思い
>通りにする人たち

 この点においてはジュディの洞察力は鋭かったですね、何だかんだで( ´∀` )

 おいおい彼の行動がそれを証明するんですけど…。











| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT