HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 37話 38話 39話

37話 「史上最大の迷路!ダークネス城への道」

【物語】

 ウェンディは、ここが白い鏡のある迷宮殿ではないかと考え喜びますが、迷宮に閉じ込められてしまい出る事すらできません。ピーターパンは奇妙な石にしゃべらせようとして、とうとう壊すと迷宮自体も崩れ始め、シンデレラ2世号は濁流に流されてしまいました。ピーターパンたちは再び黒雲谷に入り、抜け道を探していた時、巨大な時計を見つけました。その時計の針をピーターパンが適当にましていると地面が崩れてきたのです。あわてて逃げようとしたジョンは1枚のハンカチを見つけました。そのハンカチにはダークネス城までの抜け道、そして時計の針の合わせ方が記されていました。ピーターパンは、ハンカチに書いてある通りに時計の針を合わせようとしますが、文字が汚れていて所々よく見えず、トートルズの直感で時計の針を合わせて、とうとうダークネス城への抜け道の扉が開かれるのでした。

【感想】

ピーター・37

巨大な時計を見つけ、ピーターパンが針を動かすと地面が崩れてきました。

 ダークネス城まであと少しいよいよ物語も佳境に入っています。ピーターパンたちは再び黒雲谷に入り、抜け道を探していた時、巨大な時計を見つけました。ピーターパンが針を動かすと地面が崩れてきました。

 相変わらずのピーターパンの軽はずみな行動、というより行き当たりばったりな行動ですが裏表がない性格なのでそれが彼の魅力かな?

 結果はトートルズの直感で時計の針を合わせてダークネス城への抜け道の扉が開かれるのでした。 トートルズは無駄に役に立つ少年といえます。


38話 「黒い鏡始動!ネバーランドが大ピンチ」

【物語】

 フック船長はダークネスに戦いを挑みましたが、ダークネスは魔法を使いすぎて苦しみ始め、ダークネス城に戻ってしまうのでした。フック船長はダークネスの手下を人質にとり、城を明け渡すようにとダークネスに要求しました。しかしその時、ピーターパンがやって来て黒い鏡の鍵を奪い取ると、そのままダークネスと一緒にいるルナを助けに来たのです。ダークネスはルナを人質にとってピーターパンに黒い鏡の鍵を渡すように要求し、ピーターパンはルナと引き換えにダークネスに黒い鏡の鍵を渡してしまいました。しかしダークネスは一度はルナを解放したものの、魔法を使ってルナを取り戻し、魔法でピーターパンを地の底まで吹き飛ばしてしまうのでした。そしてとうとう鍵を得た黒い鏡はその力を発揮し始め、ネバーランドを暗黒の世界に変え始めるのでした。

【感想】

ピーター・38

後半になっても、フック船長の存在感は失われませんね。

 フック船長はダークネスに戦いを挑みます。しかし魔法使いのダークネスにケンカを売るとは度胸あります。フック船長は新キャラのダークネスに力負けせず対等くらいに描かれています。

 フック船長を「ダークネス編」でもうまく利用しているのはうまいと思います。こういう前半ボスキャラって段々存在感がなくなっていきますからね。

「ピ-ターパンの冒険」は物語展開や話数構成がうまくテンポよく観られるのがいいです。アニメとしては非常によく出来ているのではないかと。

 しかしダークネスは魔法を使いすぎ城に戻ってしまうのでした。ダークネスはやはり寿命というものに逆らえないようです。

 ピーターパンは黒い鏡の鍵とルナを交換しますがダークネスは魔法を使ってルナを取り戻します。ダークネスが言う通りピーターパンお人よしですね。

 とうとう鍵を得た黒い鏡はその力を発揮し始めネバーランドを暗黒の世界に変え始めるのでした。 ラストに向け物語は盛り上がってきましたね


39話 「フックの野望!ダークネス城を乗っ取れ」

【物語】

 魔法を使いすぎ、もう命が長くないと悟ったダークネスは黒い鏡の力を孫のルナに受け継がせようと考え、ルナの心を支配して暗黒の力をルナに受け継がせ、ダークネスは滅んでしまいました。意識を取り戻したピーターパンが再びダークネス城に行くと何と黒い鏡の中から暗黒魔術師と姿を変えたルナが現れたのです。フック船長は大砲で攻撃しながら乗り込んできました。そしてダークネスの力をルナが受け継いだ事を知ると、ルナにひざまずきルナの手下のなると申し出たのです。ピーターパンはルナの魔法によって捕らえられてしまい、フック船長の海賊船を奪ってラスカルを連れて子供たちの所に帰ってきました。

【感想】

ピーター・39暗黒魔術師に姿を変えたルナ!ついに暗黒面に落ちてしまったという感じですね(^^

 魔法を使いすぎもう命が長くないと悟ったダークネスはルナに後を受け継がせようとします。寿命というのがダークネスの運命を決めました。

 「ダークネス編」ではダークネス自身が人は必ず死ぬという、当たり前な事を見せて退場しましたね。

 死があるのでこの「ダークネス編」は物語的に盛り上がり楽しく見れます。ピ-ターパンが「永遠の子供」ではなく「ヒーロー」になり普通のファンタジー冒険作品として楽しめますね。

 ピーターパンがダークネス城に行くと暗黒魔術師と姿を変えたルナが現れたのです。 やはりルナはダークネスの力で暗黒魔術師になってしまいましたが・・・何というか暗黒面に落ちたルナという感じです(^^



 



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 34話 35話 36話

34話 「汽笛が聞こえる?幽霊機関車を探せ!」

【物語】
 ウェンディの語るロンドンの様子でルナが気になった物は汽車でした。その夜、マイケルは夜中に汽車の音を聞きました。ところが汽車が走っていたはずの森の中には汽車がないばかりか、レールすらないのです。その頃、フック船長も汽車の音を聞いており、海賊の手下どもが汽車を捕まえ、汽車をおとりにピーターパンを捕まえようと考えていたのです。翌日、汽車の走っていたあたりを捜索に出かけたそれは汽車ではなく、スチームバードという汽車そっくりの鳥だったのです。スチームバードはロープで縛られており、待ち構えていた海賊の手下にルナは捕らえられ、海賊船に連れて行かれてしまいました。フック船長は黒マントの男たちにルナを引き渡そうと考えていましたが、フック船長はルナから黒い鏡の鍵の話を聞くと、白い鏡のありかを知っているからと嘘ぶいて、黒い鏡があるというダークネスの城までルナに案内してもらう事にしました。

【感想】
ピーター・34スチームバードという汽車
そっくりの鳥でした。ネバーランドなので変な生き物盛りだくさんです(^ー^

 黒マントたちはフック船長と手を組んでルナを捕まえる事にしました。黒マント
の男たちも余程困ったのか海賊に助けを求めます。

 でも結局フック船長にいい様にやられ、黒マントの男たちは捨てられてしまい
ました。黒マントの男たち役に立たないな~少なくともこいつらよりフック船長の
海賊達の方が余程、役に立ちますね。

 マイケルは夜中に汽車の音を聞きましたがそれはスチームバードという汽車
そっくりの鳥だったのです。汽車の招待は簡単にこの鳥と分かりました。やはり
ネバーランドなので変な生き物盛りだくさんw


35話 「強敵!手を組んだフックとダークネス」

【物語】
 海賊船はダークネス城に通じる黒雲谷に入り、ルナを脅して秘密の抜け道を通り抜けました。しかしピーターパンたちは黒雲谷の抜け道を知りませんでした。フック船長はルナを人質に取ってダークネスを脅し、ルナを解放して黒い鏡の鍵を持っているというラスカルを連れてくる代わりに妖精を追い払う松明を貰うのでした。フック船長はダークネスから貰った松明をともして妖精の森に入って来たのです。海賊の手下どもはラスカルを奪う為、シンデレラ2世号に襲いかかり、ピーターパンの活躍もむなしくラスカルはフック船長に奪い去られてしまうのでした。フック船長はラスカルのどこを調べても黒い鏡の鍵など持っていないので、ラスカルをダークネス城まで連れて行きました。そしてフック船長はダークネスを脅しますが、逆に魔法で時計ワニを出され、フック船長は逃げ帰ってしまうのでした。

【感想】

ピーター・35フック船長とダークネスとの初対決ですが、魔法使い相手に果敢に攻めます。

 この辺りになると完全な冒険活劇ファンタジーですよね。フック船長はダーク
ネス城 に大砲を撃ちますが、弾はダークネスの魔法で跳ね返され海賊船に
命中します。

 フック船長はルナを人質に取ってダークネスを脅し黒い鏡の鍵を持っていると
いうラスカルを連れてくる代わりに妖精を追い払う松明を貰います。

 フック船長力任せではなくダークネスと取引したりして頭も使い駆け引きとか
します。「ダークネス編」でもフック船長は活躍し物語にうまく溶け込んでいますね。
悪役なりの見せ場作るし、脚本がうまくできています。

 フック船長は黒い鏡の鍵があるのか聞き出そうとしますが、逆に魔法で時計
ワニを出され、フック船長は逃げ帰ります。相変わらず時計ワニはフック船長を
追い出すのに使われますね


36話 「冒険中止!みんなの胸がドキドキ痛い」

【物語】
 ピーターパンとウェンディはダークネス城へ行こうとしますが、どうしても黒雲谷を抜ける事ができません。しかしウェンディが谷底に落ちそうになったのをピーターパンが助けようとして、偶然にもダークネス城に通じる抜け道を見つける事ができたのです。その時、フック船長の海賊船が襲ってきてウェンディは谷底に落ちてしまうのでした。ルナとラスカル、そしてティンカーベルまでさらわれ、そしてウェンディまで戻って来ないので子供たちは心配し、とうとうジョンとトートルズは冒険をやめようと言い出しました。ウェンディは「海賊に捕まっているルナやティンカーベルを心配してあげて」子供たちは再び白い鏡を求めて冒険に出発するのでした。

【感想】

ピーター・36ジョンが黒い鏡の鍵を海賊たちに渡したと聞いたカーリーは、ジョンが弱虫だと言って喧嘩を始めてしまいます。

 ダークネスは海賊たちに黒い鏡の鍵を取り戻させ、持ってきたところを奪い
取った方が懸命だと考えます。この辺りもダークネスも頭使いますが、まぁ
フック船長の海賊たちもそうですがダークネス側も人員不足は深刻ですからw

 ジョンが黒い鏡の鍵を海賊たちに渡したと聞いたカーリーはジョンが弱虫だと
言って喧嘩を始めてしまいました。

 こういう取っ組み合いのケンカは始めてみますね。前半は皆で何かをやり
遂げる展開がなかったですからこういうの見ると人間っぽくて安心します。

ジョンはみんなで冒険をやめる事にしたと言いますがそれを聞いてウェンディは

「恐いわ。だけど、引き返す方がもっと恐いわ。これからずっと何年も、
      ティンクやルナを助けなかった事を後悔して胸が痛くなるからよ」

ウェンディはこの「ダークネス編」の主役ですから、キャラ立っています。



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 31話 32話 33話

31話 「夢がない!飛べなくなったピーターパン」

【物語】

 ダークネスの黒い鏡の力で荒れ果てた気味の悪い森で、ジョンは1人でこっそりと森に冒険に出かけおいしそうな木の実を見つけ、それを食べました。ところがそれからというもの、ジョンの態度は急に大きくなりだし、別人のようになってしまったのです。ピーターパンもジョンが持ち帰った木の実を食べたところ、急に弱気になって空を飛べなくなってしまいました。そこへルナがやってきて2人が食べた木の実が森のルビーだと言います。真っ赤な色をした森のルビーは、いらいらした時に食べると心が落ち着くと言われますが、ジョンやピーターパンの食べたような色の変わった森のルビーを食べると夢を奪われ自分勝手で孤独を好み、最後には生きる希望を失ってしまうと言うのです。ウェンディは真っ赤な色をした森のルビーを食べさせたら治るのではないかと考え、ピーターパンに食べさせたところ、いつもの元気なピーターパンに戻り、ウェンディは一安心するのでした。

【感想】

ピーター・31ルビーを食べて弱気になるピーターパンでした(^^

 今回は2人の性格が変わってしまう話で前はウェンディでしたね。ジョンの態度は
急に大きくなりピーターパンは急に弱気になって空を飛べなくなりました。

 また何か変な物食べて症状が出てどうにかしようという話でファンタジーなので
都合のいい食べ物満載ですw

 ルナによると2人が食べた木の実は森のルビーだと言います。ジョンの態度が
大きくなるのとピーターパンが弱気になりいつもの2人の性格と正反対になるのが
対比が効いてて面白いです。

 落ち込んでるピーターパンというのも今までとの落差あるんで中々味がある
シーンともいえます。スタッフもこんなピーターパンを描きたかったんでしょうね。


32話 「海賊と一緒に探せ、白い鏡の謎」


【物語】
 滝の周辺はとても美しく、まだダークネスの力の及んでいない場所だったのです。ピーターパンたちはダークネスの黒い鏡の力によって荒れ果てた土地が元に戻らないものかと考えました。するとルナは白い鏡を使えば元の美しいネバーランドに戻す事ができると言うのです。その時ピーターパンたちは海賊の手下が自分たちを偵察に来ているのを見つけたのです。ピーターパンは白い鏡が迷宮殿にあると情報を流し、こっそり後をつけてフック船長に迷宮殿の場所を案内させようと考えました。ピーターパンとウェンディ、ティンカーベルは宮殿の一室に閉じ込められてしまい、子供たちも海賊に捕まってしまいました。しかしそこに時計ワニが現れた為、形勢は逆転。フック船長は間違ってピーターパンたちを解放してしまい、時計ワニに追いかけられ続けるのでした。

【感想】

ピーター・32フック船長と迷路を逃げたりと、絵的にも面白いです。

 今回はフック船長と駆け引きのような罠の掛け合いします。こういう頭を使った
攻防というのは必ずありますね。

 海賊が先に白い鏡を見つけたら奪おうというのは、ピーターパンらしい発想。
というより今までも海賊から、色々拝借していますからね。
 
 フック船長はピーターパンとウェンディ、ティンクは宮殿の一室に閉じ込められます。
ジョン達も捕まりこれまでかと思ったらそこに時計ワニが現れます。

 この時計ワニもフック船長ともども長く出てきますね。フック船長が何かうまくいきそう
になると決まって時計ワニが出現しますね。フック船長が活躍してピーターパンが倒され
ないように時計ワニは存在しているんでしょうね。


33話 「ルナの涙!私はダークネスの魔女?」


【物語】

 ダークネスはルナから黒い鏡の鍵を取り戻そうとしますが、ルナは当然持っていません。ダークネスの透視術によると鍵は小さな動物が持っていると出ました。翌日、黒マントの男たちはラスカルを誘拐しようとしましたが、ピーターパンに邪魔されて失敗してしまいました。ピーターパンたちは黒マントの男がラスカルを狙った事に不審をいだき、その日の夜中にラスカルの人形を用意して待ち構えました。フック船長は黒マントの男たちが手にしている袋の中に白い鏡があるものだと思い込んでおり、黒マントの男から袋を奪い取り、黒マントの男たちは一目散に逃げ出してしまい、ピーターパンの作戦は失敗してしまいます。ところが、なおもピーターパンが黒マントの男を追いかけ続けていると、ルナがやって来てピーターパンを攻撃し始めたのです。

【感想】

ピーター・33ダークネスはルナを自身の後継者にしようとします。

 黒マントの男たちがルナを連れ戻す為にウェンディを人質に取ります。
ウェンディにしろ誰にしろやたらに捕まりピーターパン大変w

 黒い鏡の鍵を取り戻そうとしますが、あらいぐまのラスカルが持っていました。
 世界名作劇場15周年作品それが「ピーターパンの冒険」なのでラスカルが
ゲスト出演しましたが利用します。

 「ピーターパンの冒険」オリジナルマスコット動物キャラは出てこないのが残念
ではありますがね。

 ダークネスの命はそれほど長くはなく、ルナに自分の後を継いでダークネス城を
守れと言います。ダークネスは力ずくではなく情に訴えかけるやり方をするのルナ
も心が傾くのも分かります。

 



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 28話 29話 30話

28話 「悪魔になったウェンディ」

【物語】

 ある日の事、ウェンディとルナは気分を変えようと服を交換する事にしました。黒マントの男たちは悪魔のブレスレットをルナの腕にはめようとやって来ましたが、ウェンディとルナが服を交換していたことに気付かず、間違ってウェンディの腕に悪魔のブレスレットをはめてしまったのです。翌日の朝からウェンディの性格は一変し、悪魔になってしまいました。ルナは昔、母親からブレスレットの外し方を聞いたような気がしました。それはシャボン玉の泉に腕をひたす事でした。ピーターパンはさっそくシャボン玉の泉を探しに出かけ、泉の水を持ち帰ります。ピーターパンの持ってきたシャボン玉の泉の水で悪魔のブレスレットは見事に外れ、ウェンディは悪魔ではなく子供たちのお母さんに戻るのでした。

【感想】

ピーター・28-1服を交換したウェンディとルナですが、雰囲気変わりますね。

 友達同士で服の交換って今までの世界名作劇場でも出てきませんでした。
服を交換するだけで何か特別な友達という雰囲気を感じていい演出です。
こういうのが今までなかったのも不思議といえば不思議。

 今回は悪魔のブレスレットを間違えてウェンディの腕にはめて性格は一変しました。
ピーターパンをこき使うウェンディが女王様のようで観ていて楽しいです。

 ブレスレットはシャボン玉の泉で取り外せて何か起こるとその回すぐ解決する
基本的に1話完結なので見やすいですね。


ピーター・28-2女王様状態のウェンディでしたが、これが真の姿か(^ー^;


29話 「妖精プシケ!勇気を出して飛び立て」

【物語】

 ピーターパンが1人でのんびりしていた時の事、小さな子供の妖精プシケがピーターパンをママと呼んで甘えて来るのです。プシケの母親はダークネスに捕まってしまい、それ以来プシケはショックで飛べなくなってしまい、北の国に帰る事ができないのです。それを聞いたピーターパンは何とかしてプシケを飛べるようにしようと猛特訓を始めました。しかし残された時間はあとわずかな為、ピーターパンの指導はスパルタ的に厳しく、プシケはすっかりとピーターパンを嫌いになってしまいます。ところが崖の上で寝ていたピーターパンが、崖から落ちて岩の下敷きとなった時、プシケはピーターパンが心配のあまり、崖を飛んで下りたのです。プシケはピーターパンの指導の甲斐あって見事に飛べるようになりました。こうしてプシケは無事に仲間とともに北の国に帰る事ができるようになったのです。

【感想】

ピーター・29最後プシケが飛べるようになるハッピーエンドも、ベタかもしれませんがやはりいいですね。

 北の国に帰れないとプシケは死んでしまうという話が出てきて「ピーターパン
の冒険」 で初めて死が出てきた感じです。今までこの作品にそういう当たり前の
ことがなくそれが違和感に感じていたんで逆に安心感が出ます。

 プシケに厳しく猛特訓するピーターパン。ピーターパンも今までのような無責任
な行動していましたが今回は責任感がありその行動は見ていて頼もしいです。



30話 「浮上開始!フックの空飛ぶ海賊船」


【物語】

 ある夜の事、ジョンが夜中に目覚めるとシンデレラ2世号は見知らぬ無人島に来ていました。シンデレラ2世号は海を渡り始めますが、もう少しで渡り終わるというその時、向こう岸からフック船長の海賊船がきて大砲で砲撃してきた為、シンデレラ2世号はあきらめて無人島へUターンします。大砲の砲弾がもう少しでシンデレラ2世号に命中するというその時、怪物が起きだし、炎で大砲の砲弾を焼き払ってしまい、シンデレラ2世号は無事に無人島に戻るのでした。ピーターパンの提案で、化け物を誘き寄せている間に、こっそりと黒い海を渡ろうと考えたのです。見事に化け物はおとりに引っかかりましたが途中で追いつかれ、もう少しで化け物に飲み込まれてしまうところで命からがら脱出する事ができました。

【感想】

ピーター・30海の化物からの火炎攻撃を交わし、脱出するピーターパンたち。
 海の中から化け物の火炎攻撃という展開で脱出劇です。海から火を吐く
魚がいて無人島から出られません。
 
 おとり作戦で化け物は引っかかりましたが途中で追いつかれますが何とか
脱出。脱出劇というのはベタな半面ドキドキハラハラしやすくもあり観ていて
楽しめる作りともいえます。



 



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 25話 26話 27話

25話 「お帰りティンク!妖精の国は不思議な国」

【物語】

 スライトリーは浮き石があればシンデレラ2世号も空を飛ぶ事ができるようになると考え、カーリーと一緒に浮き石を探しに出かけました。ところがその時、黒マントの男たちが再び襲ってきてシンデレラ2世号はピンチに陥りましたが、そこへスライトリーたちが戻って来て、黒マントの男たちは撃退されました。スライトリーは持ち帰った浮き石をシンデレラ2世号に積むと、何とシンデレラ2世号は浮き上がったのです。子供たちはスライトリーが浮き石のありかをティンカーベルに教えてもらった事を知ると、みんなで声を張り上げでティンカーベルに戻って来るように言いました。それを陰からティンカーベルも聞いていたので再びみんなの仲間となる事ができました。

【感想】

ピーター・25浮き石という不思議な石が出てきて今後、役に立ちます。

 浮き石とい不思議な石が出てきますが、そういえば同じ浮く石は映画「天空の城
ラピュタ」に出てきた飛行石を思い出します。

 というかフック船長の城が崩れるシーンで同作品と似たシーンが出てきましたが
「天空の城ラピュタ」の作品としてのインパクトの強さを感じます(^-^

 ティンクは皆を裏切ったのだからもう戻れないと考えますが、ウェンディなどの
優しさに触れ元のように仲良くなり当初の目的ティンク探しはこれで終了。

結構簡単にティンク探しは終わり本格的に「ダークネス編」が始まります。


26話 「復活フック船長!空飛ぶ海賊船建造計画」


【物語】

 子供たちがシンデレラ2世号を留守にしていた時、ルナがシンデレラ2世号を物色し、それを子供たちが見つけ捕まえてしまいました。しかしウェンディはルナを解放し、ルナに黒い鏡の鍵を返そうとしました。ところがその時フック船長の手下どもが鍵を奪って逃げ去ってしまったのです。ルナはおばあさんであるダークネスが黒い鏡の力を使って子供たちから夢を奪おうとしていると言うのです。ルナはおばあさんに何度もやめるように言いましたが聞き入れてもらえず、残された手段はルナが魔法を覚えて黒い鏡の鍵を良い事に使う事でした。それでルナはダークネスから黒い鏡の鍵を奪ったのでした。そこへ再び海賊の手下どもがやってきましたが、ピーターパンの命令で黒い鏡の鍵を底なしの谷へ投げ棄ててしまったのです。ところがそれはウェンディの計略で、捨てたのは偽物の鍵だったのです。

【感想】

ピーター・26ウェンディはルナともすぐに友情を結んで、気持ちがいいです。

 今回はあのフック船長が復活しますね。フック船長はあのままフェードアウトかと
思いましたがそうならずある意味良かったです。

 やはり「ピーターパンの冒険」ではフック船長は必要ですから、後半になり船長も
ネバーランドのような狭い場所から広い場所に来て活躍できそうです。

 ウェンディとルナは鍵を取り返そうと手下どもを追いかけますが、乗り物を使った
カーチェイスは観ていて気持ちいいですし疾走感がありました。そしてまたピーター
パンが落ちる人助けますがやはりこういうシーンが多いですね。

 ルナは「あんたって最高だよ!」とウェンディに抱きつき、すぐに友達になりました。
タイガーリリーもそうですが、ウェンディはルナともすぐに友情を結んで気持ちがいい
関係ですよね。

世界名作劇場でも女の子同士の友情を、こうさばさば見せるのも珍しい気もしますね。


27話 「ジョンの憧れ!木馬に乗った騎士」


【物語】

 子供たちがシンデレラ2世号で旅を続けていた時、トン・チホーテと名乗る木馬に乗ったナイトが現れ自分は、フック船長と決闘して倒したと言うのです。フック船長は自分を倒したという噂を耳にして、チホーテを追い回し、崖の上に追い詰めますが崖から湖に落ちてしまいました。湖には時計ワニが待ち構えており、フック船長は逃げ惑っていると、チホーテはフック船長を助ける為に湖に飛び込み、時計ワニと決闘を始めたのです。チホーテは時計ワニを睨みつけると時計ワニは恐れをなして手袋を咥えたままスゴスゴと逃げ帰ってしまうのでした。チホーテは次に訪れた場所で時計ワニに襲われているピーターパンを助け時計ワニを倒したと、相変わらずホラを吹き続けるのでした

【感想】

ピーター・27

今回だけ出てくるトン・チホーテというホラ吹きキャラでした。

 今回だけ出てくるキャラクター「トン・チホーテ」、何か話数の隙間に入れてきた
エピソードけど・・・木馬に乗ったナイトですが、まんまドンキ・ホーテですね。

 チホーテはフック船長と決闘して倒したと言ったり胡散臭さ倍増のキャラ!
ジョンだけはチホーテに憧れ、翌日からチホーテに弟子入りしてナイトとしての
修行に励んだりします。

 そんな胡散臭いチホ-テに戦いを挑むフック船長も律儀ですが、そのチホーテも
その船長を助けるという騎士道も見せますから、出てきた甲斐はあるのでしょう。






| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 22話 23話 24話

22話 「秘密兵器始動!フック船長最後の切札」

【物語】

 城でピーターパンはフック船長に戦いを挑みます。フック船長は秘密兵器であるロボットを使い、おまけにウェンディを人質にとってピーターパンに戦いを挑みました。ウェンディを谷に落とす素振りをしながらピーターパンにひざまずいて永遠に自分のしもべになると誓えと言うのです。その時、トートルズが気球に乗ってウェンディを助けようとしましたが、フック船長はウェンディを谷に落としてしまったのです。それを見たピーターパンは慌てて谷に落ちていくウェンディに追いつき、無事助け出すのでした。子供たちは壊れかかったロボットに乗ってお城の頂上まで行きました。頂上は花が咲き乱れ、子供たちは大喜びでしたが、そこにフック船長たちがロボットを壊された仕返しにやって来たのです。

【感想】

ピーター・22フック船長ha
財宝を守る為,
秘密兵器であるロボットを使い戦います。

 フック船長には城に隠されている財宝を守る為の秘密兵器であるロボットを使い
戦います。船長も本気なので子供達との戦いも緊迫感が出てきて前半のクライ
マックスになります。

 フック船長ロボットを使ってピーターパンと戦い、またしてもウェンディを人質に取る
行為をします。相変わらず汚い手を使いますが海賊ですから、フック船長も 「卑怯は
海賊の特権だ」とか言っていますしね。

 そして谷の下に落ちたウェンディを助けようと猛然と下降して救い出すのは迫力
あります。こういうの見ると本当に枚数かけて描いているんだなと(^-^

フック船長との戦いも佳境に向かっていき、次回でこの戦いは決着が付きます。


23話 「謎が深まる!ティンクの故郷を探せ」

【物語】

 フック船長はピーターパンが飛ばない事を条件に1対1の勝負を挑んだのですが、最後にはピーターパンが勝利しました。子供たちが壊れた家に戻って来た時、タイガーリリーがやって来ました。ティンカーベルは様子がおかしく、故郷に帰ってしまったのでした。ティンカーベルの故郷を知っているのは雨の巨人の頭の上に住んでいるメモリーバードしか知らないのです。ウェンディは1人でこっそりと雨の巨人を探しに出かけますが、雨の巨人に捕まってしまい、追いかけてきたピーターパンと2人が気がつくと雨の巨人の頭の上にいました。ウェンディとピーターパンはメモリーバードに逢い、ティンカーベルの故郷を尋ねました。しかしメモリーバードはティンカーベルの生まれ故郷である妖精の谷が黒い魔術師に支配されようとしており、ダークネスの城に黒い鏡が蘇った時、ネバーランドは死の世界と化してしまうと言うのです。

【感想】

ピーター・23-1色々な武器を使い、ピーターパンを追い詰めるフック船長。

 フック船長はピーターパンが飛ばない事を条件に1対1の勝負を挑みますが卑怯な
武器を使うくせによく条件を出します。というか律儀につきあうピーターパンはさすが
ヒーローですね。

 中々見応えのある戦いで意外に楽しく見られます。ピーターパンはフック船長を
倒し前半の冒険は終了という感じです。

 その後タイガーリリーがきてティンクがいなくなったと言い、ティンクは心を癒す為に
故郷に帰ってしまったのでした。

 雨の巨人やメモリーバードに逢い、ティンカーベルの故郷の場所を知ります。
今までのネバーランドという小さい世界から、スケールがでかくなってきました。
次回から何よりアニメオリジナル展開「ダークネス編」が始まりますね。


24話 「恐ろしい黒マントの集団と謎の美少女!」


【物語】

 あれだけ美しかったネバーランドの景色もだんだんと荒れ果てた大地となり、ネバーバードの言った通りダークネスの城の黒い魔術師がネバーランドを支配していました。旅の途中タイガーリリーに似た少女が黒マントの男たちの追いかけられているのを目撃しました。少女の名前はルナといって、この先のダークネスの城から逃げてきたお姫様、すなわち黒い魔術師の孫だったのです。ルナはネバーランドを支配しようとする黒い魔術師に反対し、黒い鏡の鍵を持ちだして来ていたのです。ルナはマイケルのポシェットに、こっそりと黒い鏡の鍵を隠しました。そしてダークネスの手下たちが襲いかかりルナが鍵を預けたはずだと言ってシンデレラ2世号を荒らし始め、鍵が見つからないのでとうとうマイケルを人質にとって鍵を出すように要求します。その時ピーターパンがやって来て鍵を預かったと言って手下どもを誘い出し、鍵を谷へ投げてしまうのでした。しかしそれも偽物の鍵で、ピーターパンも本当の鍵がどこにあるのかは知りません。

【感想】

ピーター・24タイガーリリーそっくりな、新キャラのルナの登場です。
 今回から本格的に「ダークネス編」が始まります。今までもアニメオリジナル展開
でしたが、フック船長とかは原作のキャラクターです。しかし「ダークネス編」は物語
もキャラクターもすべてアニメオリジナルです。

 それと気になるのがネバーランドの危機にタイガーリリーが一緒にこないこと、
その辺残念と思っていましたが、代わりの女の子が出てきます。

 少女の名前は「ルナ」で姿や顔も「ダイガーリリー」と似ていて声も同じ
川村万梨阿さんが演じています。

 ルナは後半の「ダークネス編」を進める上でどうしても必要なキャラなので外す事が
できません。しかしルナは途中参加のキャラクターなので個性が弱くなりキャラが立た
ない可能性があります。

 それを避けるためにタイガーリリーを退場させ、タイガーリリーと外見、性格、声も
同じルナという別のキャラを登場させるという手法をとりましたね。

 これでルナはタイガーリリーのキャラクター性を持ちつつ、その立場も引継ぎ違和感
なく物語に入り込みました。この辺りうまく作ったな~という感想です。



 


| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 19話 20話 21話

19話 「フックの決意!消えた海賊船の謎?」

【物語】

 フック船長がお城と呼んでいる岩山の洞窟に隠してあったはずの大切なチャールズ2世のマントをピーターパンに盗まれてしまったのです。ピーターパンの家では海賊たちが大砲や爆弾で攻撃し、子供たちも果敢に戦いましたが家は完全に制圧され、子供たちは捕まってしまいました。しかしいつものようにピーターパンが助けにやって来て、海賊たちは追い返されてしまうのでした。助けてくれた事に気を良くしたウェンディはピーターパンにキスのお礼をします。ところがそれを見ていたティンカーベルはヤキモチを妬き、怒って飛び出してし海賊たちに捕まり解放する代わりにウェンディを誘き寄せて来いと言われます。ティンカーベルはウェンディの事が邪魔に思っていたので、その交換条件に素直に応じる事にしたのです。

【感想】

ピーター・19最後はいつものようにピーターパンが助けにやって来て、海賊たちは追い返されてしまうのでした。

 フック船長が大切なチャールズ2世のマントをピーターパンの好奇心からの盗み
ますが結果的にこれが大騒ぎの種になります。フック船長は烈火の如く怒りだし
手下どもにピーターパンの家を総攻撃するように命じました。

 今回はタイガーリリー剣を持って颯爽と現れ活躍します。まぁ、すぐに捕まってしま
うんですがw  でもタイガーリリーは男らしく勇気があり頼もしく描かれているので
観ていて気持ちがいいですね。

 ティンクは海賊たちに捕まり解放する代わりにウェンディを誘き寄せて来いという
条件を飲みます。その後はティンクの裏切りで物語的には盛り上がります。


20話 「絶体絶命!ウェンディが霧の谷に消えた」


【物語】

 ティンカーベルはピーターパンが海賊に捕まったと嘘をついてウェンディを霧の谷へ誘い出し、海賊たちに捕まってしまいました。ウェンディが海賊たちに捕まった事を知ったピーターパンは怒りだし、フック船長のお城へ乗り込みました。しかしお城の罠に引っかかってしまい絶体絶命です。そしてフック船長はお城からチャールズ砲を持ち出してピーターパンの家に向かって砲撃を始めたのです。最後に放った砲弾がピーターパンの家を直撃してしまったのです。子供たちは何とか助かりましたが、家はバラバラになって炎上し始めました。そして炎上する家を呆然と見つめる子供たちの目の前でウェンディが再び海賊たちにさらわれてしまったのです。

【感想】

ピーター・20-2フック船長はチャールズ砲を持ち出しますが、絵的も迫力ありました。
 ティンクはウェンディにピーターパンが海賊に捕まったと嘘をついて、ウェンディを
霧の谷へ誘い出します。

 ティンクの裏切りという行為が冒険物語を盛り上げ、この辺りから今までと違い命を
賭けるような展開になっていきます。

 フック船長はお城からチャールズ砲を持ち出して砲撃を始めます。ピーターパンの
家を 潰しにかかります。そして大砲で潰された家を呆然と見つめる子供たち・・・何か今までたるい展開から
盛り上げてきましたね。


21話 「ウェンディを救え!命をかけたティンク」

【物語】

海賊たちはウェンディがティンカーベルに騙されて捕まったのだと言いましたがウェンディは「あんたたちがティンクを騙したんでしょ。そうに決まってるわ。そんなに悪い子じゃないもの」と言ってティンカーベルをかばいます。それを陰で隠れて聞いていたティンカーベルは心を動かされるのでした。家を壊され食べる物すらなくなった子供たちは泣き続けていました。しかしタイガーリリーだけはウェンディを助けに行くと言いだし、子供たちもそれにならってお城へウェンディを助けに行く事にしたのです。ピーターパンは罠にかかってしまい、あと少しでギロチンにかけられそうな状態でした。そこへティンカーベルが助けにやってきて全精力を使って罠を外しました。しかし力を使い切ったティンカーベルはピーターパンの掌の中で倒れてしまうのでした。

【感想】

ピーター・21ティンクは自分のした裏切り行為を後悔し、レバーを引きます。

 ティンクは自分のした裏切り行為を後悔します。裏切りという卑怯な行動をした
ティンクが贖罪の念に駆られるのが痛みが伝わってきます。

 家を壊され子供たちは泣き続けていましたがタイガーリリーだけはウェンディを
助けに行くと言いだします。相変わらずタイガーリリー勇ましくいい味出しています。

 ピーターパンは罠にかかってしまい、あと少しでギロチンにかけられそうな状態
でした。しかしティンクが罠を外しましたが全精力を使い切ります。

 ティンクはどうなるのか「ピーターパンの冒険」で初めて命に関わる出来事です。
少しづつ物語が動き出してきますね。


 


| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT