https://blog-imgs-77.fc2.com/h/a/g/hagi0002/hagifavicon.ico HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

≫ EDIT

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (1)

【プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」】
出版年:2009年


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (2)  

 プロ野球の歴代監督のについての「采配力と人間力」について解説したムック本だが、2009年出版とかなり古いのが、アレだけどw

 冒頭に「野村克也の10の老獪戦術」「WBC監督原辰徳の采配」「虚像のホビー・マジック」などを詳細に考察。

 この手の監督を解説した本ではお馴染みの野村監督もそうだが
、WBCで日本を優勝に導いた原監督の手腕なども高く評価している。

 逆に「虚像のホビー・マジック」というように、2004年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任したボビー・バレンタイン監督についての評価は低い。

 なぜならバレンタイン監督はリーグ優勝がない(2005年はプレーオフ優勝でリーグ順位は2位)や日替わりオーダーを組むその采配は場当たり的だと指摘。

 まぁ、自分も千葉ロッテファンだけど、バレンタイン監督って、明るい性格やパフォーマンスのせいで過大評価され過ぎな感はあるな~

 対して
2003年に同じ外国人監督として、北海道日本ハムファイターズの監督に就任したトレイ・ヒルマン監督については高く評価している。

 それも当然で2007/08年と外国人監督初のリーグ連覇達成の偉業を達成し、そのヒルマンイズムは今に続く日本ハムファイターズの基礎を作ったんだからね。

ヒルマン監督はもっと評価されるべき!!


 …まぁ、それと引き換かわからないが、今の日ハムはビックリするくらいドライな球団になったけどね(^ー^:


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (3)

 ちなみに史上最低監督も考察しており、成績的には東北楽天イーグルス1年目(2005年)田尾安志監督になるけど…いくらなんでもこれは少々可哀想(本でもそう指摘されている)

となると史上最低の監督は上の写真に掲載されている、
石毛宏典氏ということになるw

 2002年オリックス・ブルーウェーブの監督に就任し、1年と少しで(2年目で解任されている)トータル57勝99敗4引 勝率.364。

 成績をみれば普通に石毛氏が史上最低監督になるか~色々な諸事情があったとはいえ、やっぱりね~(>_<;





| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編

僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編 (1)

【別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊】
【キャラクター徹底解説編】 
出版年:2007年

僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編 (2)  

 別冊宝島社から発行している「僕たちの好きな」シリーズの「攻殻機動隊Stand Alone Complex」版で、
TVシリーズ「1st」「2nd」「SOlid State Society」を扱っています。

 前に「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」を取り上げましたが、今回はキャラクター全般にスポットを当てた内容。

  表紙にあるように取り上げるキャラクター数は170人もいて、脇っちょキャラの9課のオペレーター嬢なんかも扱っている念の入れようw


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編 (3)
 
 その代わり主要キャラである公安9課のメンバーについては草薙素子でも4ページほど、趣旨としてはメインではなく脇キャラ全般を扱うという感じか。

 各キャラクターの人物造形やその背景、立場などを詳細に知ることが出来るので、結構楽しめました。

 「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」がストーリーという縦軸を解説しているのに対し、「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編」はキャラクターという横軸的を解説しているといえます。

 なので両方買って読むと「攻殻機動隊」の縦横軸ががよく分かり、多層的にこの物語を楽しめると思いますね。

 ただこの本には関係者への対談やインタビューとかはないので、その辺はやや物足りないかな?

 あと劇場版「GHOST IN THE SHELL」や「イノセンス」については、取り扱ってはいませんのであしからずw

 ハリウッドの実写版も公開しているようなので、その副読本としても便利な一冊ではないでしょうか。


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編 (4)












| アニメ関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漫画バイブル2 構図破り編

漫画バイブル構図破り (1)

【漫画バイブル2 構図破り編】
出版年:2004年


漫画バイブル構図破り (2)

漫画バイブル構図破り (3)

漫画バイブル構図破り (4)

 絵を描く際の基本といえる、「構図」の取り方などを解説したイラスト技法書。
かなり古い本なので今更という気もしますが、せっかく持っているんで紹介w

 内容は人物絵や作品世界を表現する時の効果的な構図の取り方など基本を押さえたもので、今見てもその辺は参考になるかなと。

 上の画像を見れば分かる通り「1人構図~6人構図」「グループ構図」での、キャラクター配置などかなり具体的に解説されています。


「構図の取り方がわからない~(>_<;」

「パターン化してしまって、同じような
構図ばかりになる!」



 という人には、図解で丁寧に解説してくれるのこの本は分かりやすく理解できて便利でしょう。


 漫画バイブル構図破り (5)

  他には上の画像のように作品のジャンル別(上の画像の場合はスポーツとファンタジー)の構図の取り方なども紹介。

 バランスの良い構図の取り方(要は三角形を意識した構図とか)など基本的なことを例題を並べながら解説してくれるので分かりやすいのなんのってw

 ただ構図の取り方を理論的に説明した本ではなく、あくまで構図カタログのような本なので、構図を一から学びたい人には向かないでしょう。

 作例など出版年が2004年と古いのが難点ですが、構図の基本を知りたいのならこれでも十分だと思いますね。


漫画バイブル構図破り (6) 










| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎解き古代文明 ASIOS(アシオス)

謎解き古代文明・1

 【謎解き超常現 DX】
出版年:2011年 著者:ASIOS


【著者のデータ】
【ASIOS(アシオス)】
2007年に発足した、超常現象を懐疑的に調査していく団体。超超現象、オカルト、オーパーツ、偽史、UFO、陰謀論などを扱った書籍を多数出版してます。



89・謎解き古代文明・2
 ASIOS(アシオス)は2007年に発足した、超常現象やオカルトなどを科学的に調査検証する団体。

 そのメンバーはASIOS(アシオス)発起人でWEBサイト
「超常現象の謎解き」の運営者本城達也氏をはじめ、偽史古代史研究家原田実氏、元と学会会長、SF作家山本弘氏などなど…

 オカルトに懐疑的な人たちなら、この方々の名前は聞いたことがあるでしょう。

 自分のように超常現象に懐疑的で、昔からこの手の本を読んでいる人間ならまさに信頼できるメンバーですw

 今回は超常現象という広い範囲から、「古代文明」に的を絞ってトンデモであるオーパーツやムー大陸、太古の超古代文明などを解き明かしています。

 「クリスタル・スカルの真実」の章ではクリスタル・スカル=水晶ドクロの出どころ、持ち主の素性、分析どれをとっても水晶ドクロはまがい物。

 水晶ドクロの表面を調べると、19世紀後半の研磨器で作られたもので数千年前のものではないと…きちんと調べるとこんなあっけない解説が目白押しw

 そういえば「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年)」でこの水晶ドクロが重要アイテムとして登場しましたが、事実を知っていたので楽しめなかったなw

 話に戻すとこういう太古に超古代文明があったという考え方は、要は古代人は野蛮で無教養、たいした文明や文化を作れない人々という思い込み。

 しかし実際の研究でそれらの「オーパーツ」と呼ばれるものは偽物を除けば、実際に当時の技術で作られたものがほとんどです。

 むしろ古代人が使用した「手作業」というテクノロジーの凄さを改めて感じることのできる本でありました。




89・謎解き古代文明・3




| 超常現象関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊

僕たちの好きな攻殻機動隊 (1)

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊】 
出版年:2007年

僕たちの好きな攻殻機動隊 (2)

 別冊宝島社から発行している「僕たちの好きな」シリーズの、アニメ「攻殻機動隊Stand Alone Complex」版。

 この本ではTVシリーズ「1st」「2nd」と「SOlid State Society」について取り扱っております。

 主に各事件を追った年表や「電脳化・義体」など用語解説や、登場人物の紹介などかなり充実していました。

 なにより自分のようなSFが苦手な人間でも、その難解なストーリーや用語を分かりやすく解説してくれるのが助かります(^^;



僕たちの好きな攻殻機動隊 (3)

 それと監督の
神山健治氏の「攻殻機動隊」や次回作の「精霊の守り人(2007年)」についてのインタビューも興味深かったですね。

 ただ劇場版「GHOST IN THE SHELL」や「イノセンス」については、取り扱ってはいませんのであしからずw

 ハリウッドの実写版「攻殻機動隊」も公開したので、その副読本としても便利な一冊ではないでしょうか。


僕たちの好きな攻殻機動隊 (5)










| アニメ関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連写ポーズライブラリー 子供編 究極アングル&決定的瞬間満載!!

92・連写ポーズライブラリー 子供編 究極アングル&決定的瞬間満載!!・1  

【連写ポーズライブラリー 子供編】
【究極アングル&決定的瞬間満載!!】
出版年:2011年

ケイトルーシー・1 

 自分はヘタですが、色々な絵を描く趣味があります。上は世界名作劇場8作目1982年「南の虹のルーシー」のケイト・ポップルとルーシー・メイ・ポップルの姉妹です。

 ここも前は
「世界名作劇場雑記」というファンブログでしたから、よく世界名作劇場系のキャラクターの絵を描いていました。

 ただその時、意外に困るのが子供の描き方。というか描けることは描けますが、子供というより小さい大人みたいな感じになったりするんですよね…w

 そんな時よく参考にするのがこの「連写ポーズ ライブラリー 子供編: 究極アングル&決定的瞬間満載!! (人物ポーズフォトブック)」です。



↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歴代プロ野球監督の査定ファイル

歴代プロ野球監督の査定ファイル (1)

【歴代プロ野球監督の査定ファイル】
出版年:2008年


歴代プロ野球監督の査定ファイル (2) 

 歴代プロ野球監督を査定した本ですが出版が2008年なので、掲載されているシーズンは2007年までとなります。

 なのでかつての名将川上哲治氏、森秖晶氏などはいいのですが、当時現役監督だった原辰徳氏、落合博満氏については2007年までの成績査定ということになっていて、やや半端な印象。

 そのプロ野球の監督は当然日本で12人しかなれないのですが、その監督を何年にも渡り勤めてきた人たちの業績を知ることができ意外に楽しめました。

 何より興味を引いたのが出身ポジション別監督力比較という記事、1974年~2007年までの34年間で日本一になった回数。

捕手13回 遊撃手9回 投手4回 一塁手3回 三塁手3回 二塁手1回 外野手1回

 こう見ると捕手出身監督が圧倒的に多く、森祇晶6回、野村克也3回、上田利治3回、伊東勤1回などそうそうたるメンバー。

 正直この辺はプロ野球ファンなら誰でもよく知っていることですが、問題は外野手出身の監督について。

 野球のポジションは9つそのうち外野は3つなので、日本一監督の3分の1が外野手出身の監督で占められてもいいはず。

 しかし現実は外野手出身で日本一になったのは、若松勉氏しかいないという事実(この辺はメジャーも同じ)

 本では外野手は現役時代から試合全体を把握してプレイをしていないため、監督には向かないためではと分析しています(要は外野手は頭をあまり使わないw)

 そういえば野村克也氏も外野手の監督さんの采配には微妙な評価していたし…今年もプロ野球の外野手監督さんが心配だ~(^ー^:
 




プロ野球「スキャンダル事件史」大全

プロ野球 愛された男たちの墓碑銘 (宝島SUGOI文庫)

懐かしの昭和プロ野球 (別冊宝島 2080)

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (宝島SUGOI文庫)






| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT